カブトムシ飼育記録-2018年-

2018年10月21日(日)

今季は8月19日に産卵セットし、9月2日に♀親が死亡しました。産卵期間が短かったのが心配で、幼虫が取れているかどうか、割り出し確認しました。


割出前

ひっくり返す前のケースです。餌台及び足場木はすでに撤去しました。


幼虫 幼虫

ケースをひっくり返すとポロポロと幼虫が出てきました。

完全にひっくり返し、捜索した結果は全部で10頭でした。思ったよりも少ないです。


餌投入 幼虫

新しい餌を追加し、幼虫を投入しました。大ケースには6頭です。


幼虫

すでに2齢後期にまで成長していました。あと1回脱皮すれば3齢で、越冬するころには8cmまで成長していそうです。


餌投入 餌投入

中ケースにはクヌギマットや材の割りかす、クワガタで使用済みの古マットを混ぜてました。リサイクルできて一石二鳥です。


幼虫

中ケースには4頭投入しました。


幼虫 幼虫

投入後、すぐに潜ろうとしています。2齢中期でしょうか。

成長にばらつきがありますね。置き土産の方は3齢にまで育っています。

11月になるまでにどれくらい成長するでしょうか?稀に初、2齢で冬を越すこともありますが。

来夏のイベントでの配布に影響が出るのは必至で、野外採集で補うのは確実でしょう。



【 目次に戻る 】


このホームページに記載の記事・写真等の無断転載を禁止します。
著作権はアルテミスに帰属します。

Copyright(c) Since 2018 Artemis All Rights Reserved