ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。 撮影旅行記や自然観察記、クワガタ飼育記録等、趣味中心に日常を書いています。 尚、迷惑コメント対策のためコメントは承認制です。弊ブログ記事の趣旨から外れたコメントは承認しませんので、ご了承ください。

アルテミス@館長の業務日報

復旧作業開始

今日はテレワーク業務でした。明日はグリーンボランティア活動日です。

 

復旧画面
年始のWordPressトラブルにより画像が破損した期間のブログ記事のうち、2020年12月分から画像復旧作業を開始しました。

テキスト画面でリンクのHTML構文を少し修正しただけで復旧しました。しかしながら2020年12月分のうち作業したのが下旬のみで月全体から1/3程度です。全復旧にはまだ遠いといった状況でしょう。

「千里の道も一歩から」とはいいますが、2021年分のブログ記事画像が復旧した後、夜間樹液採集シーズンに突入し、なかなか時間を作れずにいたのが現実です。YouTubeチャンネル開局構想は勿論のですが、破損したブログ記事の画像を全て復旧させてからYouTubeチャンネル開局準備をするべきでした。

少なくとも2019年分までの全復旧は来春あたりを目安にするとしても、次の夜間採集シーズンまでに復旧させておけば、「苦あれば楽あり」です。

コールドムーンと火星

今日は通常出社日でした。同時に年2回ある針供養の日だそうです。もう1回の針供養は2月8日です。

 

満月 満月
今日は満月、アメリカの農事暦で「コールドムーン」と呼ばれています。同時に火星が「衝」を迎え、月が接近しています。月と火星が接近しているところの撮影にもチャレンジしました。

右写真で丸で囲っているのが火星です。「衝」を迎えた火星は最も明るく輝き、マイナス2等です。15年に1度の大接近時はマイナス2.9等まで明るく輝くそうです。前回の大接近は2018年で4年前、次回は2033年ですからそれでもまだ明るい方です。

ですが、満月の明るさはマイナス12.5等でかなり明るいです。満月の明るさに負けている感じですねぇ…(;^ω^) もっとも、太陽の場合はマイナス26.8等でまぶしくて直視はできませんからね。

月が明るすぎてなかなかAFが合わず、意地でなんとか撮影しましたが…。それでもレアカットが撮れただけでもよしとしますか。

新規開拓

今日は第5営業日の通常出社日でした。また、今朝放送された日テレの「ZIP!」によるとクリスマスツリーの日だそうです。

日曜日(12月4日)は来シーズンに向けて新規開拓に行きました。

 

ベニシジミ
フィールドへ行く途中、ベニシジミがヒノキの木にとまっていたのを発見、撮影しました。もう12月なのにまだ活動しているとは…温暖化の影響なのでしょうか。

 

クヌギ
広場でカブトムシの幼虫を3頭見つけた後は都県境を越えて神奈川県側に出ました。まだ足を踏み入れていない方へ行き、木を確認しました。黒いのは樹液の痕跡でしょうか。今の時期は樹液が出ていても発酵はしていません。夏には樹液が出ていたのでしょうか?来夏も出すとは限らないので、候補としてメークしました。

 

クヌギ クヌギ クヌギ
少し奥の方にはクワガタが隠れられそうな小さい洞?のある木を発見。樹液の痕跡もあるので、ヒラタクワガタが隠れられそうです。いや、サイズからしてコクワかスジクワでしょうか?

 

コナラ コナラ
他にも樹液の痕跡があるコナラの木を見つけました。クヌギとコナラでは樹液の出方や質も違います。こちらも来夏の新ポイント候補としました。来シーズンにポイント拡大なるでしょうか?

この後は引き揚げて帰宅しました。

記録更新中

今日も出社日でした。会社から帰ったらAmazonでUSBハブが届いたのですが、玄関先に置き配されていたので、商品サイズに対して箱が大きすぎるぐらいでした。

 

カブトムシ
カブトムシはまだ最長寿記録を更新中です。自然下では秋になり気温が下がると樹液が発酵しなくなり、やがては止まってしまいます。

樹液が止まる=成虫の餌がなくなるため、やがては飢え死にしてしまいます。成虫の死因の大半が飢え死になので、飼育下では秋になっても餌があれば長生きすることを証明しています。

また、同一ケースでの複数飼育はNGです。餌をめぐって喧嘩し、やがては弱るか死んでしまいます。そのため、ペアリング時以外は単独飼育を基本としています。

♂同志は喧嘩する、♂と♀は喧嘩しないは誤りで、♂と♀でも交尾拒否された場合は苛立った♂が♀を殺してしまうことがあります。また、交尾を繰り返すことで寿命が縮むため、交尾確認後または同居期間を長くて1週間程度にとどめています。

餌はたんぱく質含有率の高いものを与えることで、寿命が延びることもわかっています。

・交尾時以外は単独飼育
・餌は高蛋白のものを与える(スイカ、メロンはNG)
・夏は涼しく、秋になったら無加温

以上の3つを心がけることで、長生きさせることができています。

年越ししてカブトムシとお正月を迎えることも夢ではないかもしれませんね。

代替活動日

今日は第3営業日の通常出社日でした。最長寿記録更新したカブトムシは週が明けてもまだ生きています。いったい、どれだけ記録を伸ばすのでしょうか?まだ元気なので年越しする可能性は十分にありえます。

一昨日(12月3日)は代替活動日でした。この日は新規に2名体験希望者が来ました。

 

ナラ枯れ対策木 カシナガ死体
この日の作業内容は危険木の伐採、破損不織布の撤去、草刈りでした。昨年初夏に不織布薪をやっており、ポイントまで不案内のメンバーもいるので、自分は破損不織布撤去の方に回りました。

1年半も経つと、風雨や温度等で脆くなったりで撤去は大変でした。撤去した不織布をゴミ袋(勿論、市指定のものです)に詰めて回収ですが、カシナガは思ったほどトラップにはかかっていませんでした。

 

草刈り後の斜面 草刈り後の斜面 草刈り後の斜面
不織布撤去が終わった後、ちょうど甘味休憩時間になりました。休憩後は草刈りに合流、主に刈り込み鋏で刈払い機がカバーできない木の周辺を中心に刈り込みました。

11時30分過ぎに作業終了、作業したところはすっきりしています。

 

オオスズメバチ オオスズメバチ オオスズメバチ
広場に戻り、機材を片付けているときに木の上にスズメバチがきました。もう12月なのに活動しているのは驚きですが、温暖化の影響でしょうか。

かなりの頭上ですし、新女王バチの可能性もあります。口移しで樹液を受け渡しているのでしょうか、貴重な写真が撮れました。

昼過ぎには解散し、帰宅しました。