ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。旧ブログはこちらへ。

撮影旅行記や自然観察記、クワガタ飼育記録等、趣味中心に日常を書いています。
尚、迷惑コメント対策のためコメントは承認制です。弊ブログ記事の趣旨から外れたコメントは承認しませんので、ご了承ください。

アルテミス@館長の業務日報

新潟産オオクワガタ

明日(4月7日)は燃えるゴミの収集日なので、一部のクワガタの餌ゼリー交換をしました。その中で昨秋に友人から送って戴いた新潟産オオクワガタのうち1♂2♀を起こしました。

ひとくちに新潟といっても、豪雪地帯のイメージがありますが、実際に雪が多く降るのは山間部です。新幹線やほくほく線で融雪のためにスプリンクラーを設置しているところもあるぐらいです。

 


冬の間は屋外バルコニーで冬眠させていたので、マットを掘り出すと…いました!!ちゃんと生きています。

乾燥しないよう、水苔を敷いたのが功をなしたのでしょう。友人が採集したところも豪雪地帯ですし、雪が多量に降り積もっているということは、湿度が保たれている筈です。しかも、雪が布団の役目を果たすため、雪の下の地面は0度以下にならず、凍ったりしないのです。

 


新しいケースへ移しました。マットは冬眠時の半分以下に減らし、水苔は転倒防止材として再利用しています。

 


続いて♂です。こちらも生きていました。GW以降にペアリングするため、高蛋白ゼリーで体力回復に努めてもらいます。

今夏も東北へオオクワガタ採集に行きたいところですが、今は新型コロナウイルスの影響でそれどころではありません。通常のウイルスと違い、高温多湿にも強いようですので、どうなることでしょうか。

最終ランナー~E5系「はやぶさ6号」~

今日はおふくろの誕生日なので、夕食にTOKIOの「俺たちのDASHカレー」を作りました。自分でカレーを作るのは初めてなので上手くできるか不安もありましたが、上等でした。

おふくろがいつも作っていたのと根本的に違うのは、本来なら捨ててしまう筈の野菜の皮を出汁取りに利用したことです。隠し味も…!今回は市販のルーを使いましたが、次回はルーから作ってみようか?という気になりました。男が作る料理にはこだわりがあるんでしょうね。

レシピは日テレの特設サイトにありますので、ご参照ください。

俺たちのDASHカレー

 


※E5系「はやぶさ6号」/東北新幹線新青森駅にて

ラストコースは東北新幹線です。「はやぶさ6号」であとは東京へ向かうだけです。

今回も指定席はグランクラスです。来る3月16日改正で新青森発着列車が全てE5系に統一されるため、今後はグランクラスばかり利用する訳にはいきません。2003年10月の新幹線品川駅開業による「のぞみ」増発で、「のぞみ」利用時はグリーン車に限定していたのを乗車区間によって使い方を改めたのと同様のケースとなるでしょう。

この場合、新大阪までの東海道区間利用の場合は普通車利用とし、山陽区間へまたがって利用する場合は岡山以遠に限ってグリーン車とし、山陽区間も普通車利用の場合は乗り換えとしています(当時は「ひかりレールスター」が頻繁に走っていたため)。

東北の場合も同様とするには、どこをを境とするか微妙なところです。ですが、現在のE2系「はやて」で新青森までの全線を普通車利用している現状から、北海道新幹線開通までの間は時期や乗車区間、「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」の列車ごとに使い分けるのが妥当といったところになりそうです。実際、E5系でまだ普通車には乗っていませんので(^^ゞ

18時14分、「はやぶさ6号」は定刻どおりに発車しました。

 


※和軽食

18時14分、「はやぶさ6号」は定刻どおりに発車しました。

グランクラスはドリンク・軽食のシートサービスがあるので、駅弁は買いませんでした。今回は和軽食を選択しました。

グランクラスは今回で5回目の利用です。昨年には1・3・7・8月の4回ですから、今年初めてと同時に通算で5回目となります。

現在、「はやぶさ」は単独運転ですから、盛岡での「こまち」との連結はありません。

盛岡以南では宇都宮まで最高時速300km/h運転です。その筈ですが、南岸低気圧通過による関東地方大雪で遅れが出ています。

東北や上越新幹線は雪に強い筈なのに、関東で大雪が降ると遅れるとは思ってもみませんでした。実際、抑止がかかったりもしていました。
仙台、大宮に停車し、20分遅れて東京に到着しました。

 


※E5系「はやぶさ6号」/東北新幹線東京駅にて

下車して線路に雪が積もっているかと思ったら、線路上には雪がなく濡れているだけでした。

中央線と京王線を乗り継ぎ、予定より遅れて23時15分ごろには帰宅しました。

2013年冬の北海道遠征報告はこれで完結です。アメブロ廃止作業のため、しばらくは2013年夏までの遠征記ネタが続きますが、ご容赦お願いします。アメブロ廃止作業が落ち着くのはGW頃の見込みです。

函館乗り換え~新青森へ

日本海を低気圧が東進し、強い南風が吹いたため気温が20度超で暖房いらずの暖かい1日でした。ようやく2014年分の記事移行に着手し、アメブロ廃止作業が再び前進しました。

 


※キハ281系特急「スーパー北斗12号」(左写真)/函館本線函館駅
※789系特急「スーパー白鳥40号」(右写真)/函館本線函館駅

札幌から3時間16分かかって15時38分、函館駅に到着しました。ここからは新青森まで特急「スーパー白鳥40号」に乗り換えです。

 


よく見ると、キハ283系の中間車が混結されていました。キハ283系は釧路方面だけでなく函館方面にも運用されることがあります。車体断面が違うので、一目で判別できます。

 


※函館駅ホーム

函館駅のホームには雪が積もっており、ほとんど真っ白です。海が近いこともあり、風雪が吹き抜けていくからなのでしょう。

15時55分、特急「スーパー白鳥40号」は函館駅を発車しました。

 


※3線軌道/海峡線木古内~知内間にて

木古内からは海峡線です。知内に停車した後は最高時速140km/hで飛ばします。今は冬で雪で3本目のレールは埋もれているところが多いのですが、一部区間ではレールが見えているところがあります。これを狙って撮った一コマです。

また、海峡線の高架橋はスラブ軌道以外は雪が積もらない網目構造のため、雪が積もっていないところが分かります。北海道は寒すぎてスプリンクラーによる散水消雪ができない事情もあるのです(散水する前に機器及び水が凍結する恐れがあるため)。

 


※789系特急「スーパー白鳥40号」/奥羽本線青森駅にて

青函トンネルを抜け、本州に戻ってきました。途中、蟹田に停車した後は青森です。青森駅で方向転換するために6分停車するので、その間にホームに降りて撮影しました。

 


※789系特急「スーパー白鳥40号」/奥羽本線新青森駅にて

青森駅ではかなりの乗車がありました。青森~新青森間は特急券なしで特急の自由席に乗車できる特例があるので、新青森で新幹線に乗り換える人ばかりなのでしょう。

17時56分、新青森駅に到着しました。後は新幹線に乗り換えるだけです。新青森駅では折り返し設備がないことから、この後は津軽新城駅に回送してから特急「スーパー白鳥31号」となって函館へ向かいます。

撮影後は新幹線ホームへ向かいました。

ジンギスカン弁当

新年度最初の花金は春の陽気に恵まれ、朝夕の通退勤時はすでにコート要らずとなりました。アメブロ廃止作業の一環で、まずは2014年12月分から写真の著作権表記の消去作業が始まりました。アメブロ廃止作業がまた一歩進んだことになります。

 


※キハ281系特急「スーパー北斗12号」/函館本線札幌駅

札幌駅に戻ったあとは、ホテルにて預けておいた荷物を引き取りました。後は東京へ9時間かけて帰ります。飛行機なら新千歳空港から羽田まで1時間半ですが、自分は飛行機恐怖症なので、どんなに時間がかかっても北海道や九州は鉄道利用です。

万が一、飛行機事故に遭って死にたくはないですし、子供の頃から飛行機事故のニュース映像見ては恐怖心が骨の髄にまで染みついているのです。

12時過ぎ、自動改札をくぐって改札内に入りました。売店で昼食用の弁当を買ってからホームへ上がりました。

 


※ジンギスカン弁当

12時22分、特急「スーパー北斗12号」は定刻どおりに札幌駅を発車しました。函館で「スーパー白鳥40号」、新青森で新幹線に乗り継ぎます。

昼食用に買ったのは「ジンギスカン弁当」で850円です。加熱容器で、まずは紐を引いてから数分間待ちました。そうすると、アツアツの弁当になります。

肉はもちろん羊肉です。2009年9月に当時のネット婚活仲間と合コン形式のオフを開催したことがあり、ジンギスカンは久しぶりです。現在はそのサイトを辞めましたが、一定の成果はあったといってもいいぐらいです。再び“幹事長”の名を擁けるのはいつの日になることやら…トオイメ

新札幌にて・4

昨夜までの雨とうってかわって晴れて気温も上がりました。アメブロ廃止作業にて、ようやく2014年分の写真が準備できました。しかし、これですぐに記事を移せる訳ではありません。

著作権表記の消去作業があり、この後にアップロードし、記事をインポートして移す作業に入れるのです。着手は早くて週末で、GWごろまでには2014年分を終えられるでしょう。

 


※733系普通列車/千歳線上野幌~新札幌間にて

続いて733系の普通列車が通過したので撮影しました。札沼線の電化で投入された新型通勤電車ですが、外観上は731系とほとんどそっくりです。側面がビートレスで平滑になっているので、見分けるのは容易です。

ただし、アルミ車体の735系とはほとんど見分けがつかず、車両番号や編成番号で見分けるしかありません。

 


※DF200貨物列車/千歳線上野幌~新札幌間にて

11時近く、2本目のDF200貨物列車が通過しました。この日撮影したDF200貨物列車は2本ともほとんどコンテナ満載でした。

 


※寝台特急「北斗星」/千歳線上野幌~新札幌間にて

トリは寝台特急「北斗星」です。昨年3月に撮影した時はヘッドマークが極端に傾いていましたが、今回はちゃんと?水平に取り付けられていました。

撮影後は撤収し、快速「エアポート111号」で札幌へ戻りました。