ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。旧ブログはこちらへ。

撮影旅行記や自然観察記、クワガタ飼育記録等、趣味中心に日常を書いています。
尚、迷惑コメント対策のためコメントは承認制です。弊ブログ記事の趣旨から外れたコメントは承認しませんので、ご了承ください。

アルテミス@館長の業務日報

ノコギリクワガタ越冬準備

今日はfacebookでの友達で元グラビアアイドルで現在は料理研究家の人によると、独身の日だそうです。多分、生涯独身の可能性は高いですが(笑)。

LINEで仲良くなると、携帯が使えなくなる要因による理由をつけて、怪しいサイトへ誘導する業者がはびこっている昨今ですから、ますます縁遠くなりそうです。会社の職場で女性30人弱に囲まれて仕事している方がまだいいです。一線は越えないですし。

facebookの友達には元グラビアアイドルだったり、漫画家や政治家(!)などもいますしね(;´▽`A“

 


昨日(11月10日)の越冬準備ではノコギリクワガタにも実施しています。ノコギリクワガタは野外活動したものは越冬できず、その年の晩秋までに死んでしまいます。

実は、地下で秋に新しい成虫が羽化し、そのまま蛹室内で越冬しているのです。成虫で1年以上は生きていることになります。初夏から夏にかけて野外で活動しているものは、すでに9~10か月近く生きていて、余命いくばくもないのです。

まずは飼育ケースの底から4割ぐらいマットを敷き詰めました。

 


水苔と新成虫を移し替えました。これでお分かりだと思いますが、今夏に羽化した新成虫なのです。1年近い寿命があります。

長い休眠期間は一見、無駄があるように見えますが、ライバルであるカブトムシと発生ピークをずらすのに役立っています。実際、カブトムシの発生ピークが7月下旬~8月上旬頃に対し、ノコギリクワガタは6月下旬から7月中旬、8月中旬以降となっています。

餌ゼリーは入れていませんが、ノコギリクワガタやミヤマクワガタの場合、休眠期間中は全く餌を食べません。羽化後2~3か月で後食を始めるオオクワガタ等とは違います。

こちらは発泡スチロールの箱で越冬となるでしょうね。

福島産コクワガタ越冬準備

餌交換と同時に福島産コクワガタの越冬準備をしました。

 


まずは6月に羽化した来季の種親です。♂が初めての50mmオーバー個体となる52.1mmと♀31.2mmのペアです。コクワガタは性成熟が早く、3か月程度で繁殖が可能になりますが、できればオオクワガタ同様にじっくりと熟成させてからにしたいので、来春から交尾産卵させることにしました。

成虫を移し替えると、すぐに潜っていきました。

 


ゼリーホルダーをどかして撮影した♂です。50mmオーバーのでかい図体して、あんな小さいところにまで隠れようとするとは…。

 


続いてWDペアもセットしました。こちらは野外採集個体なのでブリードに使用しましたし。♀からフェロモンが当然出ていますので、同一ケース内で越冬させるのが得策と判断しました。ただし、昨季採集ものなので、2シーズン産卵に使ったことになります。

来年で採集してから3年目に入りますし、3シーズン産卵できるのでしょうか?

 


こちらは今季採集もので、♂しか採集できなかったので、当面は独身ですね(;´▽`A“来シーズンにお嫁さんを探してあげないと…!

 


♂48.0mmと♀29.5mmのWF1ペアです。F2幼虫が取れているので、更なる大型成虫の羽化に期待できるでしょうか。

 


ゼリーホルダーを他のクワガタに転用するため、餌台とゼリーを変更しました。

 


福島産はこれで全て準備できました。WDが2♂1♀、WF1が2♂2♀の合計7頭です。これでコクワガタの越冬準備がまだなのは青森産だけです。産卵セットの割り出しはまだですし、生死も分かりません。ただ、♀1頭だけなのでコバエシャッタータイニーとなるのは濃厚でしょう。

ラベルも新しく作り直さないといけませんし、スジクワガタやアカアシクワガタがまだ残っています。

次期種親の冬支度

いよいよ社員旅行が来週に迫ってきました。転職前の会社にはなく、転職後では初めてとなります。2日目の14日は群馬へ行くので、えきねっとで新幹線のきっぷを予約しました。もちろん、狙いは「四季島」と貨物列車です。

 


昨日のWD個体に引き続き、ブリード個体も冬支度をしました。来季の種親となるので、仕切り付きケースにマットを4割近く敷き詰め、餌ゼリーと餌台をセットしました。

 


次に成虫を入れました。6月に羽化しましたが、まだ4か月半ぐらいしか経っていないので、成熟していません。オオクワガタの性成熟は6か月ぐらいかかりますが、成熟するのは12月…。もちろん寒くて活動できる筈はありません。

 


折角なので、美形認定された♂を撮影しました。体長65.5mmに対し、顎幅は4.0mmで、東北産の特徴が出ていて体型のバランスが取れています。

山梨産と似た体型で、ややスリムなのが福島産の特徴といったところでしょう。

再来年(2021年)、どのような美形個体が産まれるでしょうか。ケースへ屋外バルコニーに出す準備を終え、11月中は高蛋白ゼリーで栄養をつけてもらいましょう!!

立冬

今日は二十四節気の「立冬」です。暦の上では冬、これから来る冬に備えよという意味もあります。

月後半からクワガタを冬眠させるため、昨日の新潟産WD♂に引き続き、残りのWDオオクワガタも冬支度をしました。

 


まずは青森産WD♀からで、ケースにマットを半分近く入れ、餌台をセット、その後に越冬個体を入れました。

11月前半だと、まだ暖かい日もあるからで、餌ゼリーはそのままです。青森ではもうすぐ雪の便りが来るころでしょうか。来シーズンこそ、青森産オオクワガタを自力採集してみせます!!

 


セットが終わったら、蓋を締めました。コバエシャッターと違い、この蓋なら、春になって交換すた後の洗浄が楽なうえ、不織布フィルター交換の必要がありません。

 


続いて自己採集の福島産、送っていただいた新潟産の残りもケースを移しました。来週末までは室内飼育で、屋外バルコニーへ出すのは社員旅行から帰った後になるでしょうね。

コオロギ越冬準備

いよいよ明日は立冬です。暦の上では冬で、立春の前日(2月3日)までの期間とされています。

昨日の餌交換ではコオロギの越冬準備も同時にしました。

 


コオロギは成虫で越冬できません。コオロギの♀が死亡しているのが確認されました。ケース側面に卵が確認できているので、30数年ぶりの飼育で産卵成功したことになります。

 


死体と餌を片付け、霧吹きで少し加水しました。土中にはきっとたくさんの卵が産みつけられていることでしょう。

コオロギをはじめ、直翅目は卵で越冬しますが、冬の寒さを経験しないと、来春に孵ることができません。この後はケースを屋外バルコニーへ出しておきました。

孵化予想時期はGWでしょうか?孵化したばかりの幼虫は白っぽいらしいので、春になったらいつ孵るか注意しないといけませんね。