キヤノンEOS70D

今日は午前中、新宿のマップカメラへ行き、新しいカメラを買いました。

今回、新規に買ったのは…キヤノンEOS70Dです。

 


8月29日に新発売されたばかりの機種です。基本的にバリアングルLCD等、EOS60Dを継承していながら、連写性能は秒間/5.3コマから7コマに向上し、AFフレームも9点から19点に増えています。

代替として、旧機種のEOS60Dは中古として売却しました。

 


午後にはいつもどおりLUMBERJACKへ虫メンテに行きましたが、帰りにビックカメラに寄り、バッテリーグリップを買いました。

バッテリーグリップは専用のものなので、旧機種で使っていたものが使えないのはちょっと不便です…。縦位置で撮影することも多く、操作性やグリップ性を勘案してです。

今回の買い替えに至ったのは、AFフレームの少なさにありました。7Dでは19点でAFフレームを選択する時にAFフレームの拡張機能があるので、ある程度自由度が利きましたが、60Dは9点しかなく、昆虫の接写時では目にピントを合わせる際に構図が限定される欠点がありました。

また、秒間5.3コマの連写性能はかつてのEOS-1NHSとほぼ同じで、ひと昔前のプロ機と遜色ない性能でしたが、7Dと併用すると、前者の8コマに対し遅く感じられたのも否めません。SLだったら、スピードが遅いので連写の遅さは気になりませんでしたが…。

70Dの秒間7コマはかつてのEOS-3と同じなので、フィルム時代にEOS-1vHSとEOS-3を併用していた頃と同じ様に使えることでしょう。

初陣は週末の秋田遠征からとなります。