団臨「カシオペアクルーズforあきた」

秋田DCの一環として、寝台特急「カシオペア」編成を使用した「カシオペアクルーズforあきた」が運転され、D51牽引の「SLみなかみ」と合わせて撮影に行きました。

上野を7時50分に出発し、日本海側を経由して秋田には17時50分に到着するダイヤで、水上には10時40分ごろ到着なので、いつもより1時間早く出発しました。

 


※E4系「Maxたにがわ403号」/東北新幹線東京駅にて

東京駅8時04分発の「Maxたにがわ403号」で上毛高原駅へ向かい、バスで諏訪神社前まで行きました。

天気が悪く、いつ雨が降ってもおかしくはなく、降雨で視界が悪くなることがあることを懸念して、俯瞰撮影には向かないと判断しました。

撮影地に着くと、同業者はほとんどおらず、場所はすんなり確保できました。

 


※団臨「カシオペアクルーズforあきた」/上越線上牧~水上間にて

10時37分ごろ、EF64+EF81の重連で「カシオペアクルーズforあきた」が通過しました。カシオペアの客車が重い(全車ス、マ、カ級のため)うえ、上越国境の勾配対策として、長岡までEF64がエスコートしているのです。

撮影後に結果確認して、思わずニンマリしてしまいました。この後は、お昼ごろに通過するSLを待ちました。