玉川を渡る新幹線とSL

最終日は神宮寺~大曲間で撮影することにしました。この駅間のほぼ中間でSLと「こまち30号」が並ぶと予想し、電車で神宮寺へ向かいました。

 


※E6系「こまち30号」/秋田新幹線秋田~大曲間にて

神宮寺駅で下車し、玉川橋を目指しました。約3kmもあり、やっと着いた時はほとんど誰もおらず、16年前に撮影した堤防には数人いましたが、木々が茂って撮りづらい状況でした。

SLの時間も迫り、結局は橋の真ん中で玉川を絡めて撮ることにしました。

10時30分をまわり、さあいよいよだぞ…と思い、カメラを構えました。ところがやって来たのはE6系「こまち」のみ!?

 


※SL快速「SL秋田こまち号」/奥羽本線神宮寺~大曲間にて

10分ほど遅れてSLが通過しました。定時どおりだったら並んでいたことでしょう。なぜ遅れたのかは分かりませんが、時刻表を見る限りは時刻変更はない筈です。

もしかしてマナーの悪い撮り鉄の仕業!?何らかのトラブルだったのでしょうか。

撮影後は大曲駅へ行き、休憩と昼食にしました。