【速報】「SL只見線紅葉号」1日目

今日は只見線にて「SL只見線紅葉号」が運転されました。朝食後、7時頃にホテルを出て会津若松駅7時37分発の列車で会津坂下へ向かいました。

会津地方は昼前まで濃霧注意報が出ており、予報が外れて曇っていました。昨年は10時前までに晴れましたが、今年は残念ながら回復が遅れました。

 


※SL快速「SL只見線紅葉号」/只見線会津坂下~塔寺間にて

柿の木を絡めて撮りたかったのですが、ご覧のとおり曇り空なので、踏切からほぼ正面で撮ることにしました。10時22分、SLが25‰勾配を駆け上がって行きました。

この後、駅へ戻ろうと少し歩いたところで、一人のファンの方に声をかけられ、車に乗せてくれるとのことでした。行先は会津宮下~早戸間の鉄橋です。

 


※SL快速「SL只見線紅葉号」/只見線会津宮下~早戸間にて

途中、会津宮下駅でのトイレ休憩を挟み、11時20分ごろに到着しました。SL通過まで10分ぐらいのギリギリですでにファンでいっぱいでしたが、なんとかポジョン確保できました。

11時30分ごろ、SLが鉄橋を通過して行きました。

この後はどうすると聞かれ、帰りの列車撮影は会津坂本で一致し、その前に昼食にしました。昼食は道の駅尾瀬街道みしま宿で、是非ソースカツ丼を食べてみてくださいと勧めました。

昼食後は会津坂本へ向かい、撮影地には12時40分ごろに到着しました。昨年の経験から、かなり早くから場所とりしないと無理で、仮に会津川口や会津宮下で撮影後に追いかけしても場所確保は難しいと教えました。無理は禁物ですから。

ぽつぽつ人が増え始め、15時過ぎには追いかけ組が次々と来て増えてきました。

 


※SL快速「SL只見線紅葉号」/会津坂本~塔寺間にて

15時35分ごろ、SLが通過しました。今年は昨年とポジョンがやや異なっていたためか、少し明るめに写っていました。それでも逆光でススキが光っていたのでよしとしましょう。

この後は最後の追いかけとして、会津本郷~西若松間の鉄橋へ。11月で日没が早くなっており、煙は期待できずとも日没直前の雰囲気重視で撮れるということで一致しました。

 


※SL快速「SL只見線紅葉号」/只見線会津本郷~西若松間にて

到着したのは16時20分ごろ、SL通過数分前なのでぎりぎりでした。セット中にSLのライトが見え、少し焦りましたが、スピードが遅かったのが幸いで、撮影できました。

ほとんど煙は出ていませんが、夕焼けの雰囲気は撮れました。ただ、マイナス補正量が足りなかったのか、ややオーバー気味でした。

この後は会津若松駅まで送って貰い、別れました。一期一会とはいえ、その場でファン同士が知り合い、共に行動できるのは喜ばしいことでした。

明日は天候が下り坂の予報ですが、柿のリベンジはなるでしょうか?明後日は振替休日ですが、出勤日なので、明日には東京へ帰らなければなりません。

明日の速報UPは帰宅後となります。