【速報】「SL只見線紅葉号」2日目

本日、22時10分ごろに帰ってきました。本格的な報告は明日からとなりますので、ご了承ください。

 


※SL快速「SL只見線紅葉号」/只見線郷戸~滝谷間にて

7時過ぎにホテルをチェックアウトし、会津若松駅のコインロッカーに荷物を預けた後は、列車に乗りました。滝谷で下車し、最初は会津檜原方の鉄橋を撮ろうと思い、会津川口方へ行きました。

しかし、ファンでいっぱいの上、紅葉があまり良くないために会津若松方へ変更し、30分かけて移動しました。

山間のSカーブを撮れるポイントで、場所を決めてカメラをセットしました。11時05分ごろ、SLが煙を噴き上げて通過しました。

 


※SL快速「SL只見線紅葉号」/只見線郷戸~滝谷間にて

もう1台のカメラにて横位置構図で撮影しました。撮影後は会津柳津へ向け、1時間近く!も歩くという無謀な行動に出ました。

柳津まで4kmの表示があったので、これぐらいなら歩けると思っていました。

1時間近くかかって柳津へ到着。昨年と同じ場所に三脚を置いて撮影場所を確保し、昼食にしました。

昼食後は三脚を置いた場所に戻り、ポジョン確認しましたが、昨年と同じ構図になるのと、曇っていて露出の調整が難しいので撮影場所を変えました。

 


※SL快速「SL只見線紅葉号」/只見線郷戸~会津柳津間にて

15時07分ごろ、SLが白煙を噴き上げて通過しました。駅到着直前まで勾配が続くためか、駅の近くで撮れる数少ない力行ポイントです。

会津柳津駅で20分近く停車するので、大急ぎで駅へ行きました。

会津若松方の踏切には数分前に到着し、スタンバイしました。

 


※SL快速「SL只見線紅葉号」/只見線会津柳津~会津坂本間にて

手前にススキをあしらい、ぼかして撮影することにしました。15時29分、定刻通りに会津柳津駅を発車したSLは煙を噴き上げて通過してきました。

撮影終了後は後続の列車で会津若松へ戻り、コインロッカーから荷物を取り出し、磐越西線と新幹線を乗り継いで帰ってきました。

次週は上越線で「SLみなかみ」撮影の予定です。