濃霧の会津坂下にて

2015年度末の北海道新幹線開通で、遂に…遂に!!ブルートレインが全廃されるとの報道がありました。来年3月に寝台特急「あけぼの」が、続いて2014年度末に寝台特急「北斗星」、2015年度末には「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」が姿を消す見通しです。

航空機との競争で乗客が減少し、車両老朽化に加えて北海道新幹線開通で更に減少が予測されるためです。新幹線開通後の青函トンネル区間の扱いがネックとなったのでしょう。JR貨物が新造したEH800は旅客列車牽引を想定していないとのことです。

時代の流れとはいえブルトレ全廃は非常に残念ですが、最後まで撮影を続けると同時に、JR東日本とJR西日本からクルーシングトレインが発表されているので、これらの登場を心待ちにすることにしましょう。

ただし、電車方式の寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」はこれまでどおり運行が継続されるとのことです。寝台列車は鉄道旅行を楽しむためのクルージングトレインへと姿を変えつつあるといっても過言ではありません。

 


※キハ40形 普通列車/只見線塔寺~会津坂下間にて

会津坂下駅に到着後、トイレで用を足してから昨年と同じ踏切へ向かいました。約40分で到着し、周辺を少しロケハンしてから正面から撮ることにしました。晴れていれば、柿の木を絡めて撮れたのに、曇り空では致し方ありません。

10時過ぎ、会津川口方面からキハ40が通過し、後追い撮影しました。この列車は会津坂下駅でSLと交換するので、次にSLが来るよと告げているのかの様でした。