山間のSカーブを行く「SL只見線紅葉号」

翌日は6時頃に起き、朝食後は7時頃にホテルをチェックアウトしました。会津若松駅に到着後、コインロッカーに荷物を預け、列車に乗りました。滝谷駅には9時過ぎに到着、下車して撮影地へ向かうとすでにファンで一杯でした。

俯瞰撮影しようと上のポイントへ向かいましたが、ここもほぼ一杯なのと紅葉があまりよくないので、若松方のSカーブへ行くことにしました。

会津若松方へ歩いて30分ほどかかって到着、ようやく場所を取ることができました。ただし、杉林の中なので、春先だったら花粉症で悩まされたことでしょう。

 


※SL快速「只見線紅葉号」/只見線郷戸~滝谷間にて

山間のSカーブを撮れるポイントで、場所を決めてカメラをセットしました。11時05分ごろ、SLが煙を噴き上げて通過しました。

 


※SL快速「SL只見線紅葉号」/只見線郷戸~滝谷間にて

もう1台のカメラにて横位置構図で撮影しました。撮影後は会津柳津へ向け、1時間近く!も歩くという無謀な行動に出ました。

柳津まで4kmの表示があったので、これぐらいなら歩けると思っていました。

1時間近くかかって柳津へ到着。昨年と同じ場所に三脚を置いて撮影場所を確保し、昼食にしました。