東京都美術館

磐越西線のクリスマストレイン撮影を終え、残るは信越本線の「SL/DL X’mas」です。

後の情報によると、昨日(12/15)の磐越西線「SLクリスマストレイン」で、五十島鉄橋にてSLの通過直前に中高生と思われる若者が鉄橋を渡ったために10分ぐらい遅れたそうです。

雪が積もっていたし、あまりにも危険すぎるので、一部のマナーの悪い人のために、私の様にマナーを守って撮影している人にツケが回ってきます。

「第17回総合写真展」の報告もいよいよ最終回です。明日からは磐越西線の報告です。

 


※東京スカイツリー

会場である上野の東京都美術館へ向かうため、ホテルから田原町へ歩いて行く途中で撮影した東京スカイツリーです。

スカイツリーは押上にありますが、浅草からは近いので結構大きく見えます。

 


※東京都美術館

田原町駅から地下鉄銀座線に乗り、5分もしないうちに上野に着きました。JR線のガードを抜け、上野公園です。動物園へ向けて歩き、手前で右に曲がると東京都美術館です。もう15時過ぎているので、日はかなり傾いていました。

 


※総合写真展会場

館内の案内に従って行くと、総合写真展の会場です。受付があり、会場案内図を貰って入場しました。ここ10年、幾度なく会場は変わっており、現在はここ東京都美術館に落ち着いてきています。

 


※追悼・遺作

会場入りして最初に目に入ったのは…なんと!追悼でした。長年審査員を務め、「総合写真展」の生みの親でもあった保坂健氏が4月に亡くなられたのです。

「月刊カメラマン」にも執筆されたこともあり、何度かお会いしたことがあるために、還暦目前の早い死には哀愁の言葉さえも出ず、しばらく手を合わせて合掌しました。

会場は結構広く、全国公募にて2500点近く集められて展示されているため、全部見終わるまでには1時間ぐらいかかりました。

今年展示されたのは…

2月の秋田遠征時に撮影した寝台特急「あけぼの」です。タイトルは「雪煙」で、賞は「秀作」でした。これまで出品し、入賞のうえ展示されたのはSLでしたが、ブルートレインの写真が展示されたのは初めてです。

 


※博物館動物園駅跡

美術館を出た後、駅とは反対方向に歩き、京成線の博物館動物園駅跡を撮影しました。1997年に営業休止となった後、2004年、正式に廃止されました。

廃止になったとはいえ、地下なので駅ホーム等の構造物は撤去できず、入り口を封鎖しただけにとどまっています。現在はトンネル内の非常用避難路となっているそうです。

1995年ごろ、「こち亀」でも話題となり、その様子は95巻に掲載されています。

駅跡を撮影した後は家路につきました。