DE10重連の回9223レ

今日はクリスマスです。磐越西線にC57が復活した初年である1999年のこの日、「’99 SL X’masトレイン」が運転され、これ以降はほぼ毎年クリスマスシーズンを新潟で過ごすことが多くなりました。雪があまり降らない地域に住んでいる者にとっては、ホワイトクリスマスへの憧れがあるのですから、なおさらです。

 


※回9223レ/磐越西線三川~五十島間にて

前日の情報によると、津川から新津への回送は津川を12時頃に発車するとのことでした。三川中学校付近から三川駅方を撮影するのは、1998年以来15年ぶりです。

この年は3月の「SLえちご阿賀野号」、5月の「レトロ阿賀野号」で2度磐越西線を訪れており、いずれもこの付近から撮影したことがあります。

撮影地に着いてほどなくして、DE10重連が通過してきました。津川駅を発車するのが12時頃ですから、三川駅付近を通過するのは12時10分ごろと予想していました。

雪も時折降ってきました。予想より数分遅れて12時18分頃に回送が通過しました。津川にはターンテーブルがなくSLの方転ができないために、SLは逆向きのままDLが牽引する形となったのです。

撮影後はミッション終了し、50分遅れの会津若松行きで県境を越え、郡山行きの電車で郡山へ出ました。

新幹線の指定を変更した後、「やまびこ216号」に乗って東京へ帰ってきました。3年前の悪夢程にはなりませんでしたが、その日のうちに帰ってこれただけでも良しとしましょう。

磐越西線の報告はこれで完結です。今年のクリトレは途中打ち切りで片道のみの営業運転で1日しか撮影できず、不完全燃焼に終わりましたが、今冬は3月も寒い長期予報が出ているので、来春の運転開始時は残雪に期待しつつ、リベンジを誓ったのであります。