25‰勾配を力行する「SLクリスマス碓氷」

今日は仕事納めで、明日から来年の1月5日まで冬休みです。今年の遠征撮影は22日をもって終了していますが、新年の遠征初めは2日の秩父鉄道からです。

 


※SL快速「SLクリスマス碓氷」/信越本線西松井田~横川間にて

高崎で信越線に乗り換え、横川の一つ手前である西松井田駅で下車しました。横川方へ15分歩き、場所を決めて三脚とカメラをセットしてスタンバイしました。

SL通過時間が迫り、さあいよいよだぞ…と思った瞬間、雲が太陽を隠してしまいました。

 


※SL快速「SLクリスマス碓氷」/信越本線西松井田~横川間にて

もう1台のカメラは手持ちとし、反対側のDLを狙いました、SL側とDL側ではヘッドマークデザインが異なっています。

D51が先頭で横川へ向かう場合、DLは基本的に無動力ぶら下がりです。その証拠にDLからは排ガスが出ていません。もっとも、私は耳が聞こえないので、仮にエンジンが唸る音がしても分かりませんが。

晴れれば逆光ですが、煙に立体感が出るのでかえっていい場所なのです。曇るとフラットな感じになるので、こういう時に曇られると凹みます…。撮影後は後続の電車で横川に向かいました。