雪の諏訪峡を行く115系普通列車

今日は「大寒」で、立春(2月4日)までが寒さのピークとされています。今年も2月14日の夜に夜行バス「ジュピター号」での秋田遠征が決まりました。

ただし、今回は矢立峠の定番撮影地では撮影しません。“葬式鉄”が増えて撮りにくくなっていることが予想されるためです。その代わり、定番撮影地を外した別の撮影地での撮影を考えています。

今日から「SL新春レトロみなかみ」の報告です。

昨年の「SLスノーパーク」での冬季運行が好評だったのか、今年も冬季運行されました。ただし、「SL新春レトロもなかみ」と名前を変え、しかも旧客での運転でした。

今回も東京8時52分発「Maxとき・たにがわ311号」で上毛高原まで行き、バス乗り換えでした。3連休初日だったので、グリーン車でさえもほぼ満席でした。

 


※115系普通列車/上越線上牧~水上間にて

上毛高原駅に着いた時、雪がほとんどありませんでしたが、上牧を過ぎたあたりから雪景色になりました。「諏訪神社前」で下車し、10分ほど歩いて撮影地に到着しました。

昨年の今頃は満員で撮れなかったのですが、今年は場所確保ができました。

三脚とカメラをセットし、SLを待ちました。しばらくして115系普通列車が来たので、前哨戦として撮影しました。

1年ぶりに雪景色の中を走る湘南色の115系を撮影できましたが、いつまで撮影できるのでしょうか。