E5系試乗会

今日も寒い1日でした。更に、週末にかけて関東でも雪が降る予報が出ています。当初、9日にE7系試乗会を撮る予定でしたが、雪の予報は土曜日。なら、雪中走行を撮らない訳にはいきません。

丁度、「SL/ELバレンタイン」の運転もあり、試乗会のダイヤを確認したら、下りのSLとなら掛け持ちが可能とわかりました(ただし帰りの「ELバレンタイン撮影は不可能)。

 


※E5系試乗会列車/東北新幹線新青森~七戸十和田間にて・2011年2月20日撮影

E7系試乗会の話が出たところで、今日はE5系試乗会の写真を紹介します。移転前の旧ブログでは旅行記の一部で紹介していましたので、再掲になります。

写真は2011年2月20日に撮影したもので、前夜の夜行バスで早朝に青森到着、鶴ヶ坂~津軽新城間で寝台特急「日本海」「あけぼの」を撮影してから撮影地に着きました。

すでに数人のファンが集まっていましたが、ポジョンは確保できました。後から友人のカメラマンも来ました。彼曰く、「君が新幹線を撮っているのを初めて見た」と言ってました。

最初にE2系「はやて」を後追いで撮った後、E5系を待ちました。11時21分ごろ、新青森駅を発車したE5系試乗会列車が通過しました。

15mに及ぶロングノーズは320km/hで走るための空気抵抗を考慮していますが、これがカッコよさを引き立てています。

営業運転開始は3月5日からですが、雪景色の中を走る写真はこの時しか撮れません。後に流行語となった「今でしょ!」の先を行く様でしたが、営業運転開始前に撮れたことはちょっとしたお得感でした。

3月15日のダイヤ改正で先行デビューするE7系はこの時点で沿線は雪景色ではなくなっている可能性が高いです。かといって、長野県でも雪が多いのは、白馬や飯山等の北部山沿いに限られています。

来春に金沢まで延伸した際、日本海沿岸はもう雪が消えている可能性は高く、残雪は飯山駅周辺に限られます。今を逃せば、雪景色の中を走る写真は2016年の冬まで待たねばなりません。

それ故、明後日の土曜日は、本当に本当に貴重なチャンスです。天気予報が当たる様に祈ることとしましょう。