雪の中を走る「DLバレンタイン」

今日は“特雪出動”のため、早朝出勤しました。朝6時30分頃に自宅を出て、会社には7時頃に到着しました。雪が多くて除雪が大変だったので、筋肉痛が出ました。深いところでは40cm以上もありましたので。

 


※快速「DLバレンタイン」/信越本線西松井田~横川間にて

関東地方で大雪が降った8日、信越本線と長野新幹線撮影に行ってきました。まずは新幹線で高崎に出て信越本線という行程を取りました。

高崎駅に着くと、「SLバレンタイン」ではなく「DLバレンタイン」の表示が。調べてみたらSLが急な点検のため、DL代走になったとのことでした。C61は中間検査Bのため、現在は大宮に入場中です。前もって調べておけばよかったですね。。。

ですが、原色のDD51が旅客列車を牽くのはイベント列車のみなので、ここは割り切っていくことにしましょう。2006年3月までは寝台特急「出雲」の京都以西が原色のDD51にとっては唯一の定期旅客仕業でしたからね。

軽井沢までのバスの時間を考慮すると、横川駅手前で撮るのがいいと考え、終着の横川まで行きました。

横川駅で下車し、10分ほど歩いて撮影地に到着しました。三脚とカメラをセットし、「DLバレンタイン」を待ちました。

10時45分ごろ、「DLバレンタイン」が通過しました。本来D51が付けるはずだったバレンタインのヘッドマークを掲げて雪の中を走るのは貴重な写真となりました。

旧客なのも、チョコレートになぞらえたのでしょう。イベント好きなJR東日本の粋な計らいに感謝したい気持ちで一杯でした。