雪の夜行バス「ジュピター号」

週末は秋田へ遠征してきました。遠征当日となった14日は南岸低気圧の通過により首都圏は大雪に見舞われました。

翌週に延期しようにも時間の関係でバスの乗車変更はできず、仮に翌週に延期しても3月の北海道遠征が翌週と日付が近接していることから、予定通りに行くことにしました。

余裕を持って20時頃に自宅を出て最寄駅から京王線に乗車しましたが、60分程度の遅れが出ているうえに、途中の京王稲田堤駅で抑止を食らいました。そこで、南武線→小田急線で新宿に出て、山手線に乗り換えて池袋に着いたのが21時45分で、どうにかして夜行バスには間に合いました。

 


※夜行バス「ジュピター号」/池袋駅西口にて

金曜日なので、2台体制です。夜行列車が激減した現在、夜行バスが隆盛を極めていますが、夜行需要は完全になくなったとは言い難いです。夜行需要が減ったとはいっても、バス2~3台で賄えるだけに減ったと考えてよさそうです。

トランクに荷物を預け、改札を済ませた後は指定された席に着きました。22時丁度、バスは定時どおりに池袋駅西口を発車しました。