初ネブトクワガタ

今日は高校の先輩からネブトクワガタのペアをいただきました。静岡県の浜松まで採集に行ったそうです。ただし、時期から材割採集にて得られたものなので、当然ながら越冬中です。

 


※クワガタ入り容器

クワガタは雌雄別にこのような容器に入っています。

 


※ネブトクワガタ

撮影のためにペアを取り出しました。取り出してみて、かなり小さいことが分かります。最大でも25~30mmにしかならないのですから、無理もありません。

 


※ネブトクワガタ♂

撮影用に取り出した♂です。採集データによると体長は17.2mmです。和名の“ネブト”にあるとおり、大顎の付け根が太くなっています。

 


※ネブトクワガタ♀

こちらは♀です。写真では分かりにくいですが、♀も大顎が太いです。大顎の形はマルバネクワガタの♀に近い方で、材産みではないことが容易に想像できます。

ネブトクワガタのブリードは難しい方ですが、他のクワガタ幼虫に使ったマットのカスを再利用できれば、ブリードは容易でしょう。

ブリードできるのは5月の連休頃からとなりますので、あと2か月間はじっくり寝かせておくことにしましょう。

15・16日の秋田遠征報告は明日からの再開とさせていただきますので、ご了承ください。