【速報】夕陽を浴びる寝台特急「トワイライトエクスプレス」

今日から4泊5日の北海道遠征です。3~7日はバカンスを取得しているので、9連休中の実に半分以上が北海道遠征です。

朝一の東北新幹線「はやぶさ1号」で東京を発ち、新青森からは特急「スーパー白鳥11号」、函館から洞爺まで特急「スーパー北斗9号」、洞爺で普通列車に乗り継いで有珠に着きました。実に8時間近くかかりました。

有珠駅を下車して札幌方に国道37号線を跨線橋へ向けて歩きました。場所を決め、三脚とカメラをセットしてターゲットを待ちました。

 


※寝台特急「トワイライトエクスプレス」/室蘭本線長和~有珠間にて

晴れてはいたものの、海が近いこともあって風が冷たく、寒かったです。16時を回った頃、いよいよか…?と思いきや、予想時間になっても来ません…。

特急「北斗96号」が通過し、10数分遅れて寝台特急「トワイライトエクスプレス」が通過しました。すでに時刻は16時35分を回っており、冬場だったら時期によっては日が落ちて撮影できなかった可能性があります。

今は3月。日が長くなっており、雪が残っている中を夕陽を浴びて走る写真が撮れてよかったです。

初めて北海道寝台特急を非電化区間で撮影できてよかったです。毎回、札幌近郊だったので電化されており、五稜郭~東室蘭間の非電化区間での撮影は長年の課題でした。

特に大岸~豊浦間の定番Sカーブでの撮影に関しては、豊浦温泉に宿泊すればアクセスと宿の問題を解決でき、今回の非電化区間での撮影につながりました。

明日以降も引き続き寝台列車の撮影です。