島松の跨線橋にて-4

今日は雨の一日でした。週末には「幻の桜」を探す予定なので、この雨で散らなければいいのですが。その桜は「ホシザクラ」と呼ばれる種類で、がくが星の形をいているのが特徴です。なぜ、幻なのかというと、世界中で多摩丘陵にわずか100株しかないのです。それだけ稀少ですから「幻の桜」と呼ばれています。

 


※721系快速「エアポート105号」/千歳線島松~北広島間にて

貨物列車の次は721系快速「エアポート」です。この日は特急車も含めて5本の快速「エアポート」を撮影しました。それだけ高頻度で運転されている証拠です。

 


※735系普通列車1759M/千歳線島松~北広島間にて

続いて735系普通列車です。外観上は733系とほぼ同一ですが、編成番号のアルファベットがAになっています。

北海道で初めてのアルミ車ですが、量産には至らず、3両編成2本だけの稀少な存在なので撮影できてラッキーでした。

 


※寝台特急「北斗星」/千歳線島松~北広島間にて

定刻より少し遅れて寝台特急「北斗星」が通過しました。飽きる程撮っている札幌近郊ですが、新たな撮影地を探せば、新鮮に見えるものですね。

しかし、北海道新幹線開通まで残された時間は少ないので、今後は非電化区間での撮影をメインにしつつ、最後まで記録することも考えなくてはならないといえるでしょう。

撮影後は撤収し、昼食を兼ねて電車で新札幌へ向かいました。