特急「スーパー白鳥42号」

今日から日テレにて、今春クールのドラマ「花咲舞が黙ってない」の放送が始まりました。銀行が舞台で、昨夏に話題となった「半沢直樹」の女性版と言われています。主人公が半沢直樹と共通しているところが多いため、一部報道でそう呼ばれているのです。

「半沢直樹」とは制作・放送局が異なりますが、原作者は同じであり、更には漫画化もされるので、楽しみです。ドラマの漫画化は「相棒」「DoctorX-外科医大門未知子-」に続いてではないでしょうか。

 


※789系特急「スーパー白鳥42号」/函館本線函館駅にて

すでに特急「スーパー白鳥42号」は待機していました。発車まで時間があったので、前後の写真を撮影し、その後は車内に入りました。

 


※特急「スーパー白鳥42号」車内

この日は木曜日で平日だったので、車内はガラガラでした。誰も乗っていない車内の写真を撮る機会は滅多にないので、撮影しました。

17時07分、定刻通りに函館駅を発車しました。

 


※789系特急「スーパー白鳥42号」/奥羽本線青森駅にて

青函トンネルを抜け出た頃には日が落ち、夜のとばりが降りていました。青森駅に到着した頃は19時近くを回っていました。方向転換のため、数分間停車します。

 


※789系特急「スーパー白鳥42号」/奥羽本線新青森駅にて

19時11分、新青森に到着しました。ここからは新幹線に乗り継ぎます。新幹線に乗れば、青森から東京まで3時間台で、今日のうちに帰れることになります。

「あけぼの」が定期廃止されるのも、新幹線の影響を少なからず影響を受けたということになるでしょう。

定期廃止前のダイヤを見る限りでは、青森を18時台に出て翌朝6時台到着ですが、「あけぼの」が青森を出た後も20時台までは新幹線に乗れば、その日のうちに東京に着くことができます。

1997年までは「あけぼの」を全区間乗り通したこともありますが、若い頃の思い出ですね…。

撮影後は新幹線ホームへ向かいました。