柿生の八重桜【前編】

今日も寒の戻りで気温が低く、朝晩寒い一日でした。この寒の戻りは週明けまで続くそうです。

全国的に晴れていても、関東だけ雲の多い天気でした。晴れ間がさしているので、柿生へ八重桜と小田急線の撮影に行ってきました。

チャリで1時間ぐらいかかって柿生に到着しました。

 


※3000形 各停新宿行き/小田急小田原線柿生~新百合ヶ丘間にて

まずは3000形の各停です。ちょっと構図が上向き過ぎだったので、結果確認後、カメラをやや下向きに修正しました。

 


※8000形 急行新宿行き/小田急小田原線柿生~新百合ヶ丘間にて

次は8000形急行です。急行は柿生に停車しないので、100km/h近いスピードで通過して行きました。

小田急では唯一の鋼製通勤車で、初期製造から30年以上経過しています。リニューアル工事を受け、車両寿命は40年ぐらいに伸びているとみていますが、いつまで走れるか分からないので撮影しました。

 


※30000形 特急「えのしま・さがみ76号」/小田急小田原線柿生~新百合ヶ丘間にて

続いて30000形EXEです。雲が多く日差しが遮られているため、相変わらず色が映えないです。EXEのブロンズ色は光線状態によって変わるので、難しいですね。。。

 


※2000形 各停新宿行き/小田急小田原線柿生~新百合ヶ丘間にて

2000形の各停です。よく見ると1000形に似ていますが、扉の幅で分かります。1000形のワイドドア車は2m扉時代の外観そのままですが、運転室直後の扉が1.5mになっているのに対し、2000形の扉は全て1.6mで揃っています。

 


※8000形 急行新宿行き/小田急小田原線柿生~新百合ヶ丘間にて

2本目の8000形急行です。やっと日が差してきましたが、すでに正面に太陽が当たらない時間となっているため、バックの空が白っぽくなってしまいました。ちょっと露出オーバー気味ですね。。。

 


※3000形 各停新宿行き/小田急小田原線柿生~新百合ヶ丘間にて

2本目の3000形各停です。再び日が陰ってしまいました。3000形は小田急で最多勢力なので、どうでもいいですが。。。

この後、VSEまで粘って撮影しました。明日の後編に続きます。