検査入場中の車両たち

今日は真夏日で暑い一日でした。梅雨入りはまだの様です。夜間樹液採集シーズンが始まっていますが、ひと雨ほしいところです。雨が少ないと樹液の出が悪くなるからです。

 


※205系相模線/大宮工場にて

順路を進むと相模線用の205系が入場していました。重要部検査の様ですが、今回の一般公開で車掌体験に供されていました。

実車での車掌体験は子供たちにとって貴重な体験となったのではないでしょうか?

 

北斗星用カニ24
※北斗星用カニ24/大宮工場にて

お次は北斗星用のカニ24です。電源車は万が一故障すると、サービス電源が供給できなくなるため、予備車は多目に確保されているそうです。北海道直通のため、耐寒耐雪改造を受けています。

製造から35年以上過ぎているため、保守には多大な苦労があるのでしょう。

 


※255系/大宮工場にて

続いて255系です。第何番編成は分かりませんが、最近の電車は私鉄同様、固定編成になっているため編成単位で予備車が確保されています。

国鉄時代は予備車がバラだったのとは好対照ですね。私鉄の場合は国鉄がJRになるもっと以前から編成単位での管理が当たり前でしたが。

撮り終えた後は次のフロアに進みました。

つづく。。。