2セット目青森産ミヤマ幼虫割出

今日は晴れ間が覗いたものの、大気の状態が不安定でした。夜間樹液採集は明日からの再開となる見込みです。

昨日のレンタルBOXにて、夏対策として避暑させたミヤマのセット割出を行いました。

 


※ミヤマクワガタ産卵セット

採集地は勿論、青森県の十和田湖ですが、先日割り出したものとは採集地が違います。同じ十和田湖周辺でも、今回は湖畔にて採集したものです。すでに一部の幼虫が姿を現していました。

 


※ミヤマクワガタ幼虫

ケースをひっくり返すと…

幼虫がごろごろ出てきました。今回分は7頭だったので、前回分を合わせると合計で19頭になりました。まだ初2齢ぐらいなので、2年1化は確実です。つまり羽化は来年、休眠期間を経て活動は再来年になります。

親の産まれ故郷が積雪寒冷地なので、幼虫期間が長くなったのでしょう。寒冷地に適応した結果ですが、もしかしたら3年1化になる可能性もあります。そうなれば羽化は再来年で、活動は2017年になります。

とりあえずはプリンカップに個別飼育としておきました。2週間~1か月ぐらいなので、その間に餌とボトルを用意することになるでしょう。