10日ぶりの夜間採集

今日は3日以来、10日ぶりの夜間採集となりました。雨続きだったり天気が不安定でなかなか夜間樹液採集ができないでいました。

 


※コクワガタ♂

まず、最初にコクワガタの♂を発見しました。樹皮めくれに隠れていたので、撮影が大変でした。

それにしても日中、汗ばむぐらい暑かったのに、虫が少ないです…。

 


※ノコギリクワガタ♂

木の反対側に回ると…何やらクワガタがいますな。網を使用し、網の先にある引っ掛け棒で落としました。

 


※ノコギリクワガタ♂

落とした先には…ノコギリクワガタの原歯型♂でした。昨年7月に採集した67.2mmの♂がまだ生きているので、キャッチ&リリースしました。

70mmオーバーの採集が目標なので、小型個体は採集対象外です。資源保護の観点もあるため、ブリード用以外は撮影のみにとどめ、採集してもキャッチ&リリースです。ブリード用種親採集は1、2ペアまでと持ち帰り数を制限していますので。

これら採集個体は“自然からの預かりもの”とし、自然に返せるぐらいに増やせたら、いつかは返せると考えています。

今のところ、血を絶やさずに累代飼育できているのはヒラタクワガタのみで、10年も血筋が続いていますが、ブリード数は少数にとどまっています。

他のポイントもみましたが、クワガタはおらずカブトムシはまだ発生していない様子でした。

今年はカブトムシの発生が遅れている様ですが、10年前は5月中旬後半と発生が早かったのが今は例年並みに戻っているのでしょうか??