コクワ天下

6月後半は梅雨の晴れ間でスタートしました。ここ数日、晴れ間が続くので、今夜も夜間樹液採集をしました。

 


※蛾&コクワガタ

いつものルートでいくつかのポイントを回りましたが、クワガタはコクワガタのみで、カブトムシはまだ発生していない状況でした。

最後に見たポイントでは蛾とコクワガタが一緒に樹液を吸っているところをゲットできました。

 


※コクワガタペア

樹皮の隙間をクローズアップ撮影したところ…コクワガタがペアで仲良く食事していました。

大型♂はいたものの、42mmどまりで、45mmオーバーはおろか50mmオーバーにはまだ遠い状況です。

すでに今シーズン分の種親はキープ済なので、採集せずにしておきました。

 


※ゲジゲジ

近くのポイントではゲジゲジが獲物を捕食していたので、撮影しました。ゲジゲジは特にゴキブリをよく捕食するので、ゴキブリがあまりいなければ捕食されたと考えてよさそうです。

それにしても、今年はカブトムシの発生がずいぶん遅れています。。。2003年は6月20日からの観察だったので、あまり当てになりませんが。。。

2月の大雪が影響したからではないでしょうか??最近、発生源の一つであるシイタケ栽培場が1つ消えたのでその影響もあるからではないでしょうか?