2014年初60mmオーバー

今日は朝から暑い一日でした。昨夜は複数人でのツアーだったので、今日は6日ぶりとなる単独での調査です。生息状況が毎年変わるので、地道な調査の積み重ねは大切なのです。

 


※ノコギリクワガタペア

まずはノコギリクワガタをペアで見つけました♂が♀をメイトガードしていたので、これは珍しいぞと思い、撮影しました。

 


※ミヤマカミキリ

木の上ではミヤマカミキリが頭を突っ込んで樹液を吸っていました。

 


※カブトムシ♂

もう少し離れたところではカブトムシの♂が一人?寂しく樹液を吸っていました。彼女が来なかったからでしょうか?もう少しすれば個体数が増えて出会えると思いますが、それまでに烏等に襲われなければいいですけどね。

 


※ノコギリクワガタ♂

反対側ではノコギリクワガタがいたので、網で地上に落として採集しました。なんだかやたらに大きいな…と思い、キープしました。

その後、他のポイントもみましたが、あまり獲物がいなかったり、親子連れが来たりしたので、もう今夜はあまり捕れなさそうだと思い引き上げました。

帰宅後、体長を測定したら61.5mmでした。ノギスが行方不明なので0.5mm単位までしか測定できませんでしたが、今年も60mmオーバーが捕れたことになります。

そして自己ギネス第3タイ記録を更新したことになります。あと2週間すれば自己ギネス個体採集から1年になります。67.2mmを超える個体を見つければ自己ギネス更新しますが、70mmオーバー採集は非常に難しいのは変わりません。

70mmオーバーまで自己ギネス更新はあと3mmです。今年は記録更新できるでしょうか??