スジクワガタ

今日は大気の状態が不安定で、夜には雷雨となりました。このため、夜間樹液採集には行けませんでした。

明後日のイベントに備え、虫の整理及び餌交換をしました。カブトムシは大食いのため、ゼリーがいくらあっても足りません。そこであらかじめバナナを買っておきました。バナナは腐りやすいのが欠点ですが、栄養があります。

 


※スジクワガタ♀

新潟合宿で最終したスジクワガタの♀です。スジクワガタは簡単に見つかる種類ではないのですが、今回の新潟合宿では初めての採集地でいきなり4頭も♀を採集できました。これは奇跡ともいっていいでしょう。

4頭のうち、2頭は一緒に行った先生が採集したものを私にくれました。更に4頭中3頭はバナナトラップにかかっていたのです。

 


※スジクワガタ♀

バナナにかぶりつく♀です。このスジクワガタの♀、コクワガタの♀とどう違うでしょうか?

和名の“スジ”の名前通り、前翅にはっきりしたスジがあります。また、コクワガタの♀に比べて全体的に小型で細長い印象があります。

 


※コクワガタ♀

参考にコクワガタの♀の写真です。スジクワガタの♀と区別がつきますか?濃い人には分かりますが、♀で種類を見分けるのはちょっとコツがいります。

これまで私がスジクワガタを採集した記録は2006年8月が初めてで、八王子市内にて1♂採集しました。その後は2010年9月に山梨県の菩薩で1♀、2011年7月に山梨県韮崎で1♂、2013年8月に青森県十和田湖で1♂を採集しています。

いずれも偶然に採集できていますが、小さいからといって馬鹿にはできません。簡単に採集できない種類ですから、オオクワガタはもっと採集が難しいのではないでしょうか?

しばらくは栄養をつけて貰い、レンタルBOXへ持って行ってブリードセットします。暑さには弱い様なので、持って行く方が賢明でしょう。ブリードはちょっと難しいですが、ようやく念願のブリードにチャレンジできることになります。