西の里信号場を通過する寝台特急「トワイライトエクスプレス」

今日は暑い一日でした。夏休み子ども向けイベントがありましたが、さすがに暑すぎて帰宅後はばててしまいました(^^;

例年、ブリードしたカブトムシをあげていますが、今年は羽化が遅れていて一部を天然採集物で補いましたが、それでも好評でした。やはりカブトムシは子どもには人気者ですね。

もっとも私はクワガタメインですが、カブトムシはクワガタに使用した材やマット、菌糸カスを処分するために幼虫メインで飼っているようなものです。

 


※寝台特急「トワイライトエクスプレス」/千歳線西の里信号場にて・2009年9月5日撮影

今日は暑かったので、納涼ネタということで北海道にて撮影した寝台特急「トワイライトエクスプレス」です。

撮影したのは5年前になる2009年9月5日で、前日の夕方に東北新幹線で発ち、八戸で特急「白鳥25号」を乗り継ぎ、青森から急行「はまなす」で早朝に到着しました。

この時は当時利用していた婚活サイトにて私が幹事で北海道オフを開催し、地元幹事との待ち合わせまでには時間があったので、午前中は撮り鉄をすることにしました。

オフとはいえ、いわゆる合コンに近いものではありましたが、当時は女性無料だったのでチャットが賑わっておりオフ開催も容易でした。女性有料化した現在はチャットが寂れておりオフ開催は困難です。このために志半ばで退会しました。

9月になると秋雨前線の影響か、この日は朝から曇っていました。北海道の短い夏はすでに終わっており、撮影地では雨が降りそうな天気でした。

寝台特急「カシオペア」を撮影後、次に来る寝台列車は「トワイライトエクスプレス」ということは分かっていました。

とはいえ、「カシオペア」と「トワイライトエクスプレス」の間は45分もあり、札幌近郊だけに列車本数が多く貨物列車等も撮影しました。

通過時刻になると、「さあ、きたぞ!」と息を殺し、シャッターボタンを押しました。

曇っていて晴れ間は差しませんでしたが、寝台列車の通過時に晴れれば逆光になってしまうので、かえってよかったかもしれません。冬場だったら雪の反射によるレフ効果も期待できますが。

曇っているからとはいえ、影が出ないことは晴れたら逆光になる場所ではプラスになると考えてもよさそうです。

北海道での夏場の写真は少ないので、貴重な一コマになっていくことでしょう。