8月2回目の夜間樹液採集

今日も暑い一日でした。今夏一番の暑さで、TOP10は全て関東地方とニュースで報じられました。

今週末から夏休みで、メインイベントである青森遠征採集はもう少しです。もう青森遠征採集は4年目になります。今年も昨年同時期同様、新青森や八戸ではなく、七戸十和田駅乗降がミソなのです。

 


※カブトムシ♀

今夜の採集では、最初のポイントで先生に会いました。どこかで見慣れたバイクだったので、もしや…と思っていました。

まずはカブトムシの♀を撮影しました。

 


※カブトムシ♂

木の上ではカブトムシが数匹樹液を吸っており、そのうち♂1頭が出てきたので撮影しました。しかし、大光量のストロボといえども光が届かず、暗めの写真になりました。

 


※カブトムシ♂

続いて小型♂を発見しました。8月になると、小型♂を見かける傾向が多い様に感じます。幼虫時代の栄養が悪かったということになりますが、青森の場合は冬が長いため、幼虫があまり生育できないためなので、環境の違いでは単純に比較はできません。

ただ、大型個体が採集等で減り始めるので、出番を待っていたのかも知れません。

 


※カブトムシ

別の樹液ではやはり高い場所でカブトムシが樹液を吸っていました。1頭無理な姿勢で食事している様に見えますが…(^^;

 


※ノコギリクワガタ♂

先生と別れ、別ポイントへ移動しました。早速ノコギリクワガタの中歯型♂を発見しました。

大きさは概ね50mm台前半といったところでしょう。70mmオーバー採集が目標なので、キャッチ&リリースしました。

 


※キマダラカミキリ

更にポイントを移動すると、キマダラカミキリを発見しました。初夏のカミキリというイメージがあるのですが、8月まで見られる様ですね。

 


※コメツキムシ

コメツキムシといった雑甲虫もきていました。しかし、目立たないのか、相手にされていない模様です。

※カブトムシ♂

やはりカブトムシは多く、樹液を占拠していました。別れ際の先生からコメツキムシを探してくれと言われ、2種類発見し、撮影後に各1頭ずつ捕獲しました。

週末には台風が接近するそうなので、青森遠征まであと何回、中盤の観察ができるでしょうか?