2014年「湘南マリン号」

今日は台風一過で晴れて暑い一日でした。同時に今日から15日まで臨時特急「湘南マリン号」が運転されるので、撮影に行きました。

まずは向ヶ丘遊園で特急「えのしま74号」を撮影しました。EXE10両フル編成の単独「えのしま」は平日朝間しか見られなくなったからです。

 


※30000形 特急「えのしま74号」/小田急小田原線生田~向ヶ丘遊園間にて

向ヶ丘遊園駅を下車後、撮影地へ行くのに迂回を余儀なくされ、もう間に合わないかと思いました。でも結果的には間に合ってよかったです。

2012年3月改正で土休日はほとんどが「はこね」「さがみ」「あさぎり」との分割併合で江ノ島線内は4両編成となったため、EXE10両フル編成での単独「えのしま」は平日朝間ぐらいのみとなりました。

土休日の日中10両運転が輸送力過剰だったことを考えると、平日朝間のは通勤輸送から理にかなっているといえます。実際、車内はほぼ満席に近い状態でした。

 


※善行駅

撮影後は電車で善行へ移動しました。臨時特急まで時間が空いたので、どこかで時間潰そうか?と考えた末、トンネルの上から撮影するのもよさそうだと思いました。

江ノ島線では唯一のトンネルで、フードみたいに見えるのがトンネル入り口です。

 


※3000形各停/小田急江ノ島線善行~藤沢本町間にて

まずは3000形各停で前哨戦です。結果を確認すると、光線状態はほぼ順光であることが分かりました。この結果から、臨時ロマンスカーはここで撮ることに決めました。

 


※8000形快速急行/小田急江ノ島線善行~藤沢本町間にて

続いて8000形の快速急行です。もう小田急で鋼製通勤車は8000形が唯一となりました。製造初年は1982年で32年、最終製造は1987年で27年が経過しています。リニューアル及びVVVF化改造を受けているので、当面は安泰でしょう。

 


※1000形各停/小田急江ノ島線善行~藤沢本町間にて

次は1000形各停です。長後で快速急行の通過待ちをしたのでしょう。2000形とよく似ていますが、後者は8両編成なので急行運転しない限り、江ノ島線には入線できません。

腕時計を見たらもう11時30分近くを回っています。ダイヤが非常にゆったりしているらしく、過密ダイヤでの割り込み運転がいかに難しいかが分かります。

 


※60000形 特急「湘南マリン号」/小田急江ノ島線善行~藤沢本町間にて

11時30分を回った頃、やっと「湘南マリン号」が通過しました。同時に上り線では各停が到着寸前だったので、ここにして正解でした。もし、ホーム上からの撮影だったら通過列車との接触の危険だけでなく、被られる可能性もあったからです。

しかし、流線形先頭車は相変わらず晴れると反射がきついですね…(x_x;

撮影後は電車に乗り帰路につきましたが、急行や快速急行との接続がないダイヤだったので時間がかかり、帰宅したのは13時を回っていました。