皮肉??2年連続の寝台列車

今日も気温が低く、時々雨が降る天気だったので、夜間樹液採集はお休みです。ですが、この時期採集に行けないと、本当にネタがないものでして…(;´▽`A“

北陸新幹線の金沢延伸が来年3月14日に決まったと報道がありました。同時に並行在来線はJRから切り離され、第3セクターへ移管されます。長野県がしなの鉄道、新潟県がえちごトキめき鉄道、富山県があいの風とやま鉄道、石川県がIRいしかわ鉄道で、それぞれ県境駅までが営業エリアになります。

 


※寝台特急「あけぼの」

昨年の「第17回総合写真展」で展示されたのは寝台特急「あけぼの」でした。この年の2月中旬、E653系への置き換えが決まった「いなほ」の撮影も兼ねて秋田へ遠征し、通称“松原のカーブ”で撮影しました。

タイトルは「雪煙」で、列車全体が覆われる程の雪煙が予備審査通過のポイントになったと思います。

ですが、翌春に「利用客減少と車両老朽化」を理由に定期運転を廃止して多客期運転の臨時列車になるとは思ってもいませんでした。

 


※寝台特急「トワイライトエクスプレス」

続いて今年の「第18回総合写真展」に展示が決まった「トワイライトエクスプレス」です。

北海道新幹線開通で現在の海峡線が架線電圧昇圧に伴い、現在のED79が使用できなくなるため、去就が注目されています。

3月に北海道へ遠征した際、まだ非電化区間で撮影したことがないので、「宿題」にしていました。

5月下旬、JR西日本から来春で運転終了と公式発表が会った時は寝耳に水でした。車両老朽化が理由ですが、本当の理由は北陸新幹線開通で並行在来線の経営分離で、相手会社に支払う線路使用料が3社分発生し、運賃や料金値上げにつながるからなのです。

2年連続で寝台列車の写真が入賞するとは思ってもいなかったのですが、どれも翌春に運転終了間近のタイミングです。本当に皮肉なのかも知れません。

寝台特急を撮影できる時間は限られてきています。JR貨物からEH800を借りられるのか、委託するしないは別として、宿題を見出して撮影していこうと考えています。