1年前と現在-盛岡駅での一コマ(併合編)

今日も秋雨前線が停滞し、北から湿った空気の影響で10月並みの涼しさでした。高山採集の可否はこの週末に判断します。

2月の山梨豪雪では自衛隊の車が除雪に来るまで1週間程度孤立したそうですから。

 



※「はやて・こまち32号」併結/東北新幹線盛岡駅にて・2013年7月16日撮影

昨年の盆休み東北遠征では、秋田にも立ち寄って「あけぼの」「いなほ」等を撮影していたので、帰りは当然「スーパーこまち」でした。

7月3連休にも青森遠征しているので、調べたところ帰りが「はやて」だったので、盛岡駅でE3系との併合を撮影していました。

この年の3月改正で「はやぶさ」が増発されたとはいえ、まだ「はやて」は多数運転されており、E3系「こまち」も相当数が残っていました。

 



※「はやぶさ・こまち16号」併合/東北新幹線盛岡駅にて・2014年8月17日撮影

では、1年後はどうでしょうか?「はやて」と「こまち」の併結運転が終了し、秋田新幹線の車両は全てE6系になりました。「スーパーこまち」の愛称はわずか1年で消えて「こまち」に統一され、併結相手は「はやぶさ」に変わりました。

車両は変わっても、ゆっくり進入して一旦停止という手順は昔と変わっていません。

ひと昔前はE2系+E3系、今はE5系+E3系という過渡期を経てE5系+E6系になりました。分割併合や車両の組み合わせにも世代交代が感じられます。

2016年春の北海道新幹線開通でJR北海道の「H5系」が乗り入れてくるので、新たにH5系+E6系の組み合わせが見られますが、札幌延伸時にはまた車両が世代交代していることでしょう。

札幌延伸時、私は定年間近の50代後半になっていますので、その時も若い頃と変わらず元気に駆け回っているでしょうか。