改番、車籍編入

今日は春分の日です。昼と夜の長さがほぼ同じになる日ですが、雲が多く肌寒い一日でした。

 


今日はジャンク部品活用の一環として、「あさかぜ」用のオシ24-700の車体を加工しました。

製品では「オシ24-704」の車番が印刷されていますが、内装と番号を一致させるために変更しました。元番号をシンナーで消し、インレタで新しい車番を入れるのですが、これには苦労しました。新しい車番は「オシ24-703」としました。

 


そして、妻面には検査標記等を入れました。配属は「東オク」、現在の尾久車両センターです。

実車はJR化当初、品川配置だったのが後に尾久へ転属した経歴があります。ただし、書類上は転属でも、通常は品川常駐だったそうです。予備車との差し替えは一旦尾久に回送して組み替えたのでしょうか??

配置区所も決まり、晴れて籍が入りました。後はトップコートを吹き付け、表面保護すれば組み立てて車両としてよみがえります。