日中採集

11連休が終わり、久しぶりの出勤です。しかし、シルバーウィーク前後には転職面接が控えています。いつまで現在の会社にいられるかは分かりません。某巨大掲示板での噂もあまり良くないですし。

定年まで20年あるなら、早いうちに転職した方がいいに決まっています。現状を鑑み、転職を決意したのですから。

 


昼食後は予約した宿に荷物を預け、チェックイン時間まで日中採集をすることにしました。

まずは路上で歩くキマワリを見つけました。

 


しかし、天気は不安定で、時折雨に降られたりもしました。薪を積んでいるところではカミキリムシが産卵に来ないか探しました。しかし、見つけたのはキマワリのみでした。

 


カブトムシ♀の死骸を見つけ、撮影しました。頭部だけで腹がないのは、カラスや梟等に食われたのでしょう。おそらく未明から朝にかけてと推測されます。

しかし、死骸があるということはまだ採集できるということでもあります。

 


奥入瀬川に下りて、柳も探索してみました。しかし何も見つからず…柳ならアカアシやヒメオオが自分で樹皮を剥いでにじみ出る樹液を吸っている可能性もありましたが。

15時過ぎたので、宿へ向かい、チェックイン手続きをしました。