標本整理

今日は標本を整理しました。一部のノコギリクワガタ標本は標本箱に収まっていますが、ラベルが飼育時のデータラベルでサイズが大きいため、その分、1頭当たりのスペースも大きく取らざるをえませんでした。

これでは容量不足が見込まれるため、標本用のラベルが必要となりました。

3週間前にむし社で買ったラベルがようやく役立つ時がきました。

 


ラベルが小さくなったことで、詰めることができました。このように、半分以上の空きスペースができました。

一部のノコギリクワガタはジオラマ標本に供出する可能性もありますが。

ただし、使用している標本は桐箱で、ガラスはありません。蓋を開けない限りは標本を見ることができませんが、持ち運びには重宝するでしょう。