TOMIX製EF81-400

今日は、南岸低気圧が通過し、未明には初雪を記録したそうです。しかし、朝起きると雨でしたが、寒気の影響で気温は10度を下回り、寒い1日でした。

上司に転職が決まったことを告げ、退職願等の書類を受け取りました。退職交渉にあたり、特にこれといった強い慰留はありませんでした。

春からの新会社ではやりたい仕事が決まり、新しい仕事への期待感が高まっている一方、今の気持ちのまま現職に長く留まることは周囲へのモチベーション低下につながる恐れがあります。

転職先について聞かれましたが、会社名は告げず、「IT関係」と業界を告げるだけに留めました。

IT関係に決まったのは、元々インターネットに興味があり、IT関連の専門知識を学びながら働きたいという動機もあります。同業種の転職については、競業行為禁止のこともあって避けたかったので、異業種の転職を希望していました。

最初のキャリアカウンセリングの時、現在の会社と同業界は避けたいという当時の担当コンサルタントに希望を伝えていました。

退職願等の書類を提出し、来週から最終出勤日まで引継ぎが本格的にスタートします。

 


先日、昨年の年末に買ったTOMIX製EF81-400の艤装をしました。上写真がケースに入れた状態、下写真が線路に載せた状態です。

ナンバープレートはまだ取り付けられておらず、カプラーはアーノルドです。

 


製品に付属の密自連TNカプラーです。実車の密自連とほぼ同じ形状で、リアルに再現されています。

 


カプラーを交換するには一旦、車両を分解する必要があります。まずはボディを外し、それからスカートを外します。この作業は中~上級者向けといったところです。

20年以上前、EF81が現在の仕様にほぼ近い仕様で発売された時、弟がトワイライトカラーのEF81を買った時、後年に交換したことがあります。

よく見ると、スノープロウがありません。関門トンネル用に転用改造された時、温暖な九州では雪があまり降らないので不要と判断されたのでしょう。ただし、福岡県では雪が降ることがありますが。

 


カプラー交換後、元通りに組み立てました。誘導員手すりやナンバープレート、ホイッスル、信号炎管を取り付けて完成です。

メーカーズプレートは、実車が全車日立製から改造されたので、車体と一体成型になり印刷されています。

車番は409番を選びました。因みに今回はJR九州仕様でJRマークが赤に白の縁取りです。

運用は今のところ、博多「あさかぜ」の下関以西を考えています。「あさかぜ」についてはフル編成分が揃っていますが、まだ未整備なのと、本州内の牽引機であるEF66が未入手です。

北の「北斗星」、西の「あさかぜ」と豪華列車の双璧でレンタルレイアウトを走らせる日はいつになるでしょうか。