作品返却

今日の午後、国際文化カレッジから写真展の返却作品が届きました。

 

 
開封すると、写真と原版が同封されていました。

写真は昨年2月、真岡鐡道で重連運転があった時のものです。東日本では滅多に重連運転をしないので、貴重といえるでしょう。

実際、JR東日本でも高崎支社がD51とC61の2台を所有していますが、予備機確保の位置づけといった感じです。真岡鐡道も同じく予備機確保で、C11を貸し出すこともありますが。

今後はどのように活用できるかは未定です。