京王ライナー券売機

今日は京王、小田急のいずれもダイヤ乱れが発生してしまいました。小田急の方は町田駅での人身事故、京王の方はめじろ台~山田間での線路内人立入です。新宿には20分近く遅れてしまいました。新宿駅での乗り換え、朝は地下深い新線からで大変なのに…(。>0<。)

しかし、京王での通勤はあと1か月となりました。現行経路は3月16日までです。京王は複々線区間が新宿~笹塚間だけしかないので、朝通勤時は時間がかかります。

2分に1本の過密ダイヤで、電車の間隔が詰まるのはもちろんですが、先行の各停に後続の急行等がつかえるため、駅間での一旦停止が発生します。このため、平行ダイヤとならざるを得ず、調布→新宿間は急行でも30分かかります。昼間の区間急行では20分ぐらいですから、余計に時間がかかっています。

複々線の場合、急行等の速達列車と各停が別々の線路を走るため、駅間でも追い越すことができ、スピードダウンはありません。線路容量が増えるので列車の増発ができ、混雑は緩和されます。小田急が発表した新ダイヤでは朝通勤時、1時間27本から36本に増発されるので、混雑率が190%から150%程度に下がります。通勤時間の短縮と混雑緩和で通勤が楽になるなら、通勤経路を変更しない手はないでしょう。

 


夕方退勤時、京王線2番線ホームにて、遂に京王ライナー券売機がベールを脱ぎました。

 

 
見た感じではタッチパネル式のようです。ただし、デビュー前なので、今は案内ポスター(?)を貼っています。

 


料金の案内です。一律400円であることが分かります。おとな・こども同額です。

通勤費は会社支給でも、有料列車の座席指定席券は自腹となります。1か月間で20日出勤とし、毎日退勤時に乗ったと仮定すると、400円×20日=8000円になります。

京王ライナーがデビューすると、関東の大手私鉄で有料座席指定列車を運転していないのは相模鉄道だけになります。

デビューまであと1週間、勢力図はどのように変わるでしょうか。