オオクワガタ幼虫

今日は午後、LUMBERJACKへレンタルBOXの虫メンテに行って来ました。途中、小麦粉を買っておきました。

 

 
店に到着後、マットを買い、まんべんなく混ぜました。

 

 
幼虫を取り出し、新しい餌を詰めて引っ越しました。古い餌を半分入れたのは糞中のバクテリアを引き継ぐためです。

幼虫がこれだけ大きくなっていることは成功といえるでしょう。小麦粉に含まれる小麦グルテンが消化吸収効率をよくした模様です。

この結果から、自作マットによるコスト削減には寄与しそうです。今年度の幼虫が取れたら、本格的に採用してみるとしますか。小麦粉はマットに対して4~5%程度で十分です。

 


一方で青森産♀が羽化しました。今年度羽化第一号です。材飼育しているものは夏頃に羽化する見込みでしょう。材飼育は2年1化になっていますので。