6月最初の採集

今日から6月、梅雨のシーズンでもあります。例年、関東甲信越地方の梅雨入りは6月9日です。

 


先日、雨が降ったので今夜は夜間樹液採集を決行しました。最初のポイントではコクワガタを発見しました。

 

 
木を一回りし、上の方には何やら虫がいます。網の引っ掛け棒を伸ばし、網の中に落とし込みました。

ノコギリクワガタのペアが交尾していました。ワイルドなので今季のブリード用にキープしました。

 


2箇所目は樹洞がえぐられており、明らかに人が削ったものとみられました。樹液も出ておらず虫もいなかったので、移動しました。それにしても生きている木を傷つけるなんてひどい採集をする人がいるものです。

新しい場所を探さなければなりませんが、昼間の下調べとなります。栗の木も樹液を出すことがあるので、穴場かもしれません。

3箇所目ではゲジゲジが蛾を食べているところに出くわしました。

まだ虫が少ない感じで、梅雨入り後に増え始めるといった感じでしょうか?