コクワガタ&オオクワガタ更新

好天での週明けでしたが、寒暖の差が10度前後と大きくなってきました。

 


コクワガタは東北地方ならではの特徴を付け加えました。福島遠征時、灯火に飛来したのは1ペアだけでしたが、アカアシクワガタの競合関係も絡んでいそうです。

どちらかというと、東北地方のブナ帯では少数派になっていそうです。アカアシクワガタが優位な地域ではコクワガタは少ないといえるでしょう。

地元では飽きるほど見られ、いつでも採れるのに採らないで、東北産は採るというのは、稀少さとオオクワガタを呼びこむという重要な役割があるからでしょうか。

 


次いでオオクワガタは10月分を一挙に追加しました。他種に比べて記事が多いような…。

長い間自分で採集したかった憧れのクワガタゆえなのでしょうか。秋田や青森でも採集したいのはもちろんですが、北東北となると一筋縄ではいかないような気がします。

平成のうちに青森産の採集はできませんでしたが、ポスト平成に期待しましょう。