ノコギリクワガタ幼虫マット交換

今日から6月、梅雨の季節が今年もめぐってきました。働き方改革法の施行により、有休の年間5日以上取得が義務化され、今月は令和初の遠征で使用を予定しています。令和初の遠征は…福島県です!!もちろん、オオクワガタ採集です。

今夜も夜間観察に出撃しましたが、コクワすらおらず、写真は撮れませんでした。梅雨入り前で少雨のためか発生が遅れているのかも知れません。

 


数日前にノコギリクワガタ幼虫のマット交換をしました。こちらは旧フィールド産で、昨年末にマット投入して以来、ずっと放置気味でした。

夏の酷暑でセットが遅れ、取れた幼虫は少なめでしたが、全員無事に成長してくれました。

 


マットはほぼ土化しており、粒子がなくなっていました。新しいマットをボトルに2/3程度入れ、古いマットを入れたうえで幼虫を投入しました。

 


1頭はかなり大きくなっており、♂と判明したので1400㏄ボトルへ移しました。残りは腹側のスジで判明し、800㏄としました。

年内に羽化するのか、あるいは2年1化で来年なのか?まだ分かりません。

大きい成虫を羽化させるなら、2年1化にもっていくのがいいでしょうね。夏に冷却して2年1化にもっていく手もありそうです。