旅のプロローグ

連休明けも梅雨寒でのスタートでした。これほど長く梅雨寒が続いたのは1988年以来31年ぶりです。この年の秋に昭和天皇が吐血重篤となり、病に倒れて翌年の年明けに崩御されたため、昭和最後の夏となりましたね…。

今日から福島遠征の報告です。去る7月8~10日に有休を取得し、オオクワガタを採集するために恒例の福島遠征へ行って来ました。

 


今年は越後湯沢で友人と合流するため、往復新幹線利用でした。自宅を8時30分ぐらいに出て、まずは定期券で新宿まで小田急線に乗りました。昨春の複々線化で小田急へ通勤経路を変更したためです。

新宿から東京までは中央線快速です。E233系天下ですが、乗車したのはなんと…!

209系1000番台ではありませんか!?1999年12月、常磐緩行線から千代田線直通列車増発のために2編成だけ製作されました。

小田急、東京メトロ、JRの3社直通改造対象から外されたため、小田急線に乗り入れてくることはありませんでした。

E233系へのトイレ設置改造に伴い、予備車確保のために転属してきたのですが、2編成しかないためになかなか出会うことはありません。運用は限定されているようですが、たまたま運用に当たったのでしょう。

ラッキーともいえますが、オオクワガタ採集を前に雲を使ってしまったのではないかと危惧しながら、新幹線乗り場へと急ぎました。