グランクラスのおもてなし

今日も日差しがなく、夕方の退勤時には小雨が降ってきました。週末にかけて本降りの雨となるので、台風被災地での二次災害が懸念されます。

 


荷物を荷棚に入れ、シートに着席すると、しばらくしてアテンダントが来ておしぼりを配りました。飛行機に対抗するためのサービスでしょうが、こういったおもてなしがグランクラスの売りですね。飛行機ではファーストクラスに相当しますから。

これからの新幹線は飛行機に対抗するには、スピードや収容力重視だけでなく、サービスがカギを握っているのかもしれません。

東海道・山陽の場合、東京~博多間が「のぞみ」で5時間弱ですが、東海道区間での16両編成で定員1323人の原則があるため、収容力を減らせず、食堂車やビュフェの復活は望めません。車内販売で席まで運ぶのがサービス向上という考えもあり、700系以降では売店すらもなくなっています。

飲み物はコーヒーを注文しました。しばらくして、軽食のお弁当が運ばれてきました。かつては和洋食の選択ができましたが、3月末をもって洋軽食の提供が終了しました。

メニューは菜彩鶏照り焼き、菜彩鶏そぼろ等で ⽩飯は岩⼿県産「⾦⾊の⾵」でした。

 


続いてお茶菓子です。箱に入っているのは「⽯川県産五郎島⾦時のパウンドケーキ」です。グランクラスで軽食サービスがあるのは東北・北海道、北陸新幹線でアテンダントが乗る列車に限られ、上越では提供されないので注意が必要です。

茶菓子を食べ終えた後、八戸あたりで睡魔に襲われ、眠りにつきました。

 


大宮あたりで目覚めました。15時04分、東京駅に到着しました。

台風15号の影響で新幹線以外、計画運休していましたが、昼過ぎまでに運行再開後も影響をひきずっているようでした。

中央線快速と小田急線を乗り継ぎ、16時45分ごろに帰宅しました。

これにて青森遠征の報告は完結です。最後までお付き合いありがとうございました。

今季の樹液採集シーズンはほぼ終了していますので、明日以降はシーズン総括をするとともに、日常ネタとなりますので、よろしくお願いします。