新フィールド産ノコギリ割出

今日はノコギリクワガタ幼虫を割り出しました。割り出したのは新フィールド産で、都内産です。6月末に♀を灯火巡りで採集し、産卵させていました。

 


※写真は再掲です。

6月末の灯火採集時、時期柄発生ピークでしたが、今年は梅雨初期の雨不足で発生が遅れていたので、先に採集していた同産地の♂と同居のうえで追いがけしていました。

 


産卵セットです。セットから数か月経過しているので、どうなっているかはわかりません。

 


ケースをひっくり返すと、早速幼虫が出てきました。

 


ケース中に残ったマットの中にも数匹幼虫が出てきました。産卵木はすっかりなくなっていました。

 


大きくなった幼虫は800㏄ボトルへ、他は120㏄プリンカップへ移しました。ボトルが足りないので、買い足さなければいけません。

一昨日(12月1日)に見つかったものを含めて合計で11頭の幼虫が得られました。このうち性別が分かったのは3♂6♀で、残りの2頭は初齢のため性別不明です。

大型♂を羽化させるなら春に♂幼虫は1400㏄へ移し、2年1化になるのを承知で育たないと無理でしょうね。