2013年冬の北海道遠征【4】特急「スーパー北斗9号」

今日は会社にてちょっと残業になりましたが、仕事でも夢中になると時間を忘れてしまうようです(^^ゞ

もちろん、チームリーダーにもすごい集中力!とも言われました。腕時計は?と聞かれましたが、仕事中は時間を気にしすぎて散漫になるので外しています。自分でも意外と気づかないのですが、集中力が結構あるものですね。

昔、電車運転ゲームの「電車でGO!」シリーズをやった時、本職の運転士並みに集中して運転していたので、そこで磨かれたのかもしれません。常にプロモードで距離計非表示でやっていたので。距離計隠しは意外と難しかったです。

 


※キハ281系特急「スーパー北斗9号」/函館本線函館駅にて

函館からは特急「スーパー北斗9号」に乗り換えです。同一ホームでの乗り換えなので、楽でした。

同一ホームとはいえ、8分は長い様で短いです。写真を撮影及び売店で駅弁を買った後は車内に乗り込みました。

12時30分、特急「スーパー北斗9号」は札幌に向けて発車しました。3時間14分の旅路です。

 


※みがき弁当

昼食用に函館駅で買った駅弁は「みがき弁当」です。

ご飯の上に鰊の甘露煮、味付け数の子、茎わかめが載った弁当です。鮭いくら丼と同様、親子丼に近い感覚かも知れません。値段は790円でした。

箸を進めているうちに「スーパー北斗9号」は振り子機能により、カーブをものとせずに札幌へ向けて快走していきました。