ペアリング開始

今日は午後、LUMBERJACKへレンタルBOXの虫メンテに行ってきました。帰りは強風で自転車を飛ばせず、大変でした。まるで鮭が急流に逆らって遡上するみたいでした。

 


帰った後、夕食後にペアリングセットをしました。羽化後、半年以上が経過し、十分に性成熟しているとの判断です。それは…すなわち、もう大人になっています。

2018年7月に♀を採集し、産卵させてブリードし、1年1化で羽化しました。成熟期間を経て2年で大人になったのです。幼虫期間+成熟期間によって大人になるまでの期間が決まります。

マットを薄めに敷き、餌台と餌ゼリーをセットしました。

 


セット後、雌雄を入れました。♂65.5mmと♀44.4mmで、体型十分に吟味して選びました。

オオクワガタは♀が攻撃的で、特に越冬明けや産卵後は不足する栄養分、特に蛋白質を補うために他の昆虫を襲って食べることがあります。

越冬明け後、ここ1か月は高蛋白ゼリーを与えていましたし、普段与えているゼリーは高蛋白です。

ですが、♂が食べられてしまわないという保証はないので、同居期間は2週間程度とし、その後は産卵セットをします。

血統作りはこれからで、千里の道も一歩でのスタートです。