青森産ミヤマクワガタ幼虫引っ越し

GWならぬステイホーム週間は今日で終わり、明日から仕事です。…とはいっても、テレワークで在宅勤務ですが。最終日は天気がよくなく、夜には雷雨に見舞われました。

いよいよ、アメブロの方の廃止日まであと1年となりました。来年の今頃はアメブロを本当に辞めることになります。

一昨日(5月4日)のマット交換では青森産ミヤマクワガタ幼虫の引っ越しもしました。

 


引っ越し前は200㏄プリンカップに木屑とマットを詰めて屋外バルコニーにて越冬させました。3頭しか幼虫が取れなかったので、♂が混じっているかどうかはわかりませんが、初齢のうちから寒さに晒しておいたので、まだ小さいのは当然ですが。

エゾ型を作るには、終齢幼虫時だけでなく、初齢のうちから16度以下の低温が必要で、その際には2年1化になることも覚悟しなくてはなりません。

 


ボトルが足りないので、800㏄のタッパーウェアーへマットを詰めて幼虫を引っ越しました。

まだ全員初齢ですので、2年1化になるのは確実です。

初齢のうちから寒さに晒したことで、答えは吉と出るのでしょうか。夏対策のため、10日にLUMBERJACKへ持って行きます。

3か月に1度の頻度で考えると、次回は8月になりますので、無事に夏を越せるのでしょうか