峠の釜めし&廃線跡散策・旧丸山変電所跡

緊急事態宣言が延長されて初めての週末を迎えました。小田急線のロマンスカーは月末まで土休日は運休になっています。

来春のアメブロ廃止に向け、ようやく2014年4~6月分の記事写真が準備でき、アップロードしました。やっと一歩前進したことになります。2014年分が全て終われば、ラストスパートです。

 


※峠の釜めし

昼食は今回も「峠の釜めし」です。自分で釜めしを再現できるレシピが分かってから、いつかは再現してみたいと思っていました。

ですが、何度も食べている割には、量の目安が分からなかったので、本物を食べながら研究することにしました。

シイタケや筍が想像以上に小ぶりなのが判明したことから、再現には大きさの感覚が狂いそうです…。シイタケは干しシイタケを使用しているのは分かりますが、小ぶりのものを選ばないと難しいかもしれません。

ゴボウの先がけは量にも気を配りそうですね…。作りすぎには気を付けないと…。

全て完食した後は容器を持ち帰ることにしました。釜は会社にて貰ったのと合わせて2つになりました。

空き時間を利用して腹ごなしをかねて廃線跡を丸山まで歩くことにしました。

 


※旧丸山変電所跡

帰りの列車はSL牽引ですが、下り込みとなるために走行中の煙はほとんど期待できません。爆煙が撮れるのは安中駅発車のみなので、13時51分の列車で行けばよいとの判断から、空き時間を利用して廃線跡へ行きました。

昨年は野生の猿を目撃しており、今回は天気がよいのでいるかと思いきや…。猿は全然いませんでした。

約25分で旧丸山変電所跡に着きました。前回3月3日はバックの杉に花が咲いていて赤茶けていましたが、いまは花が終わって元の濃い緑になりました。

撮影後はすぐに麓へ向かって歩きました。余裕を持っておかないと間に合わないからです。

 


※横川駅

13時45分ごろには横川駅に戻ってきました。かつて、EF63の連結・解放を行っていた駅としては、駅舎は小ぶりです。

廃止前は横川運転区もあり、3番線の外側には多数の側線があり、規模は大きかったのですが遠い昔語りになってしまいました。

13時51分発の電車に乗り、安中駅へ向かいました。