3年かけて…

今日は昨夜からのPC不具合でテレワーク業務に支障がでました。実際、業務時間の半分近くをトラブルシューティングに取られました。

原因はIT関係ライターの書いたブログで考えうるものが特定されましたが、テレワークといえど仕事しながらトラブルシューティングは効率が悪いです。業務に支障ない範囲でトラブルシューティングし、大きなものは業務終了後か休日にするべきでしょうね。

昨日(5月10日)はLUMBERJACKへレンタルBOXの虫メンテに行って来ました。夕食にDASHカレーを作るため、午前中に行きましたが、鍵を間違えたので、午後早くに再び行く羽目となり、2往復となりました。

 


菌床ボトルの側面に蛹らしきものが見えたので、取りだして人工蛹室へ移すことにしました。

蛹室へ向けて菌床を掘ると…蛹が出てきました!!3年かかってようやく蛹になってくれて嬉しいです。

菌床でまさか3年もかかるなんて…!ヨーロッパミヤマクワガタなら菌床でも3年かかっても不思議はないでしょうが、オオクワガタでは前代未聞です。原因は、ずっとレンタルBOXで過ごしたために季節の変化を感じ取れなかったと思われます。

東北産は冬の寒さを感じないと、蛹化スイッチが入らないようで、関東以西産とは違うところです。ミヤマクワガタやアカアシクワガタがいるような山奥で冬は深い雪に閉ざされますし。

 


人工蛹室へ移しました。月末あたりには羽化してくれるでしょう。最終交換時にダイエット?したのか、70mmオーバーは厳しい見通しです。無事に蛹になってくれてよかったです。クワガタムシは卵から成虫になるまで数年かかることがあるので、カブトムシより長生きするのも頷けます。

 


新しい菌糸瓶ができたので、一時的に800㏄へ避難した幼虫から引っ越しました。前回は18gでしたが、今回は…

20gジャストでした!!羽化サイズは70mmぎりぎり期待できそうです。

 


新しい菌糸瓶へ引っ越しました。F2なので菌糸慣れしている筈です。夏にはきっと羽化していることでしょう。

 


続いて…菌糸がなくなっている方を引っ越しました。もう菌糸は跡形もありません。体重測定は…16gでした。

前回♂と判明し、菌糸がなかったので急遽作りましたが、18gだったのが少しダイエット?してしまいました。

 


新しい菌糸瓶へ引っ越しです。もう少し食べて体重を取り戻してくれるでしょうか。70mmオーバーでの羽化は厳しい感じです。

残り2頭の♂幼虫は菌糸が劣化していますが、居食いしているようで、もう蛹になったかはわかりません。

次週に確認することとし、全ての作業を終えて強風の中を帰宅しました。